2017年12月29日

木江・きのえ


 ゆたか海の駅で冬の季節風・西風が強く出発を伸ばして、ここ大崎下島より隣の島大崎上島へ行きました。フェリ−320円で明石へ渡れます。徒歩で温泉のある中の鼻灯台隣接の清風館に向かいました。沖浦にある大崎上島海の駅も見てみようと思う。ここは料金が高いのでパスですが。まだまだ距離がありそうなのでバス100円に乗りました。入浴時間まで間があり、清風館で自転車を借りて木江を見てきました。

kie 09.JPG
大崎上島海の駅


kie 06.JPG
中の鼻灯台 清風館隣  明治20年築造


kie 10.JPG
清風館駐車場より大崎上島と大三島との海峡を眺める





kie 01.jpg

 木江は先代のヨットで40数年前に停泊したことがあります。若いころで元気もあり、ここの歴史も知りませんでしたが。夜にフェリ−が終わったころにヨットを岸壁へ着けて、始発のフェリ−が使用するまでに出発するチョイ借りでお邪魔しました。しまなみ海道が出来てフェリ−が廃止されたところがあり、今となってはどこなのか確認できませんでした。

 大崎上島にある木江をご存知の人はすくないでしょう。大三島にある大山祇神社の対岸にある。古くは御手洗のように潮待風待ちの港としてにぎわった。明治30年以降にできた造船所が木江に25軒もあった。最もにぎわいの有った時期は大正のころで、第1次大戦中の造船バブルでこの島の造船業はロンドンタイムスに広告を掲載するほどであった。その名残として木造3階建て大きいのは5階建てのたてものが現存する。

kie 02.JPG
往時のにぎわい


kie 05.JPG
木江の造船所


 ご多聞に洩れず潮待風待ちの港町には御手洗のように遊郭が栄えた。3階建ての建物はそれだといわれている。ここは国指定の町並み保存地区にはなっていない。空き家も目立つので行政の保存活動を惜しまないように望みます。
 大正6年の造船ブ−ムで鋼材が不足し木造船の需要が高まり、木造船技術が木造5階建てを可能にしたといえよう。 また木造船の板をつなぐ防水材料としてのマキハダの生産も日本一であった。

kie 03.JPG
木江の街並み



kie 04.JPG
往時の木造5階建て様子 造船所が船主の接待に建てたもの


kie 07.JPG
現在も残る木造5階建て



kie 08.JPG
ふれあい郷土資料館




   2017-12-29
posted by はやめ at 05:55| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: