2018年07月31日

平戸海の駅



hiradozyo 01.jpg
 ポンツ−ンからみえる平戸城


 西日本のヨットの聖地と聞き及ぶ停泊地は弓削・上関・平戸でしょう。それらは料金が安くて便利、しかもオフロがとれるところです。また、中継地としてふさわし地理的な位置を占めるのも聖地としての条件でしょう。

 平戸海の駅は3日間まで利用でき、観光案内所に届けが必要ですが無料です。電気は500円・日で1隻のみ使える。

 ポンツ−ンハメインとサブの2か所ある。 メインは案内所近くで、サブは湾奥になる。
 詰めれば総計10隻ほど係留できる。

 お城や観光ポイントは近くにまとまってあり、ガソリンスタンドやコインランドリ−も近い。
お風呂はオランダ商館の坂を登ったホテルが800円で利用できる。 夜6時より開く、角打ちの酒屋さんで楽しい一時を過ごせた。

hirato 02.jpg
 メインポンツ−ン、 この右側には大型フェンダ−があり大型船に向く

hirato 01.jpg
 サブポンツ−ン  湾の奥に位置する


   2018-7-31



posted by はやめ at 11:17| Comment(0) | 日記

2018年07月30日

功山寺


 関門海峡を抜けるために、新門司マリ−ナに滞在した。 あいにく東風の強風が続き、玄界灘は海況が悪く4泊することになった。そこで下関、小倉、新門司を訪ねる。

 下関の観光の目玉の一つは思いもよらぬ高杉晋作であった。 功山寺は長府の街にあり、下関からバスで訪れた。 長府は5万石の長州の支藩である。 訪れてみると町並みに風情があり、小さくまとまった、お勧めできる良いところです。


kouzanzi 03.jpg
 国宝 功山寺仏殿

 維新のタ−ニングポインントである高杉晋作の功山寺挙兵については、奇兵隊すら賛同されない中で、わずか80人で挙兵した地である。 詳しくは、ここですでに取り上げています。 
 
 功山寺は長府藩祖毛利秀元の菩提寺であり、毛利元就に追われた大内義長が自刃した地、坂本龍馬の護衛を勤めた三吉慎蔵の墓もある。 また、京都から落ちた五卿はここに滞在したことがある。


kouzanzi 06.jpg
 総門


kouzanzi 05.jpg
 境内にある晋作騎馬像


kouzannzi 07.jpg
 長府藩士 三吉慎蔵の墓

   2018-7-30


posted by はやめ at 04:26| Comment(0) | 日記

2018年07月12日

池島 旧池島炭鉱跡



ikesima 00.jpg
フェリ−桟橋の反対側に係留 2隻のヨット


 平戸と長崎の中ほどにあるので中継港としては良い位置です。小生は五島の有川から出て、ここを利用しました。 軍艦島が有名ですが、ここも同様に池島炭鉱の島として栄えました。2001年に廃坑になる。
 小さな島にもかかわらず、廃墟のビル群が遠くからヨットで眺めることができる。 トロッコで廃坑に入るツア−も行われているようです。

 歩いて坂を登って、住宅跡の中心地を見にいきました。連絡船の到着時間に合わせて、100円のコミュニテイバスがある。バスを利用して高い地点まで乗っていけば、楽をできたと思われる。
 ヨットマンにはありがたいことに、低額(200円?)で夕方から銭湯があります。 買物や燃料は補給できない。 人口100有余人の割には連絡船の便が多いのでそれに乗って買い出しができるかもしれません。

 ビジタ−の係留は連絡船桟橋の反対側になります。工事船や警備船が着くこともあり、一番奥が推奨です。

ikesima 01.jpg
往時の説明をした案内板


ikesima 02.jpg
積み出しロ−ダ−



ikesima 03.jpg
トロッコ



ikesima 04.jpg
住宅跡


  2018-7-13
posted by はやめ at 23:59| Comment(0) | 日記

2018年07月11日

海の浮遊物沈下物の巻き込み


 懸念していたプロペラへの異物の巻き込みが今回の九州クル−ズで2回起きました。昨年も三机の港内でありました。 

 関門海峡を通峡するため門司埼に近付いたその前に、急にエンジンの音が変わり速度が落ちました。機関の後進と前進を繰り返し、応急措置をして海峡を通過する。追い潮の時期での通航プランを立てていましたので速度低下は気になりませんでしたが、振動がいつもと違います。まだ、巻き付いたのかの確信が持てませんでした。玄界灘は潮の影響が強いのかと考えていました。潜るのがイヤで都合の良いように思っていたのでしょうね。

 40年前にオホ−ツクで取り除くために潜ったときの海水の冷たさが今でも憶えています。シングルハンドだと沖合で潜ることは危険といえます。70才を過ぎた体力が落ちている身ならのさらでしょう。 雨の後や春から夏の海藻が根を離れて浮遊している時期などは避けたいものです。しかし、この時期はク−ル−ジングに良い時ですので難しいところです。

 GPSやレ−ダ−装備などヨットでも近代化が進みました。こればかりは体力勝負の昔のままです。

 考えられるヨット対処法は

1. プロペラカッタ−を取り付けて切断してしまう。
取り付けている艇は見たことありますが、その効果は知りません。
2. プロペラシャフトを折り曲げにして、引き揚げて取り除く。
漁船でやっているものがありますが、大型化していますので、最近はどうでしょう。
3. エンジンをインアウト又は船外機にしてペラを持ち上げ取り除く。
インアウトのヤンマ-はあるが新造時でなければ無理か。30Fを越えると船外機は珍しい。
4. ペラの上にあたるコックピットにバウスラスタ−シェルを利用した穴をあけ、そこから取り除く。
取り付けているヨット有り、工事費と設置場所が可能化の検討が必要。
5. 予備の船外機の利用や帆走でハ−バ−まで引き返す。ハーバ−で取り除く。

fuyuubutu 02.jpg
絡みついたロ−プ

fuyuubutu 01.jpg
絡みついた海藻とビニ−ル

 夏の時期以外だと、潜るにはウエットス−スが入りますが、まだ購入していません。地獄をみるぞと言われそうです。

 瀬戸内では冷却水取り入れ口からの海藻のツマリも他のヨットマンより指摘されていますが、ストレ−ナ−取付も必要ですが、これも未対処です。

 他にも良い方法があると思います。

  2018-7-11
posted by はやめ at 06:24| Comment(0) | 日記

2018年07月05日

下関の白石正一郎宅を訪ねる


玄界灘の東風に悩まされマリ−ナに3泊することを余儀なくされた。そこで下関・小倉・新門司を訪ねる。

JR下関近くの中国電力のビルの一角に白石正一郎の宅跡がある。そこには奇兵隊発祥の地の石碑と白石の石碑があるのみです。

最近の大河ドラマ「西郷どん」の放映されたなかで西郷弟の信吾が白石から三〇両の資金を得ることが描かれていました。信吾、後の西郷従道はそれを遊興に使ってしまうのですが、白石は求められれば志士に支援をしていた。
維新後に政商にもならず、自宅も残ることはなかった。

siraisi 03.jpg
中国電力敷地内

siraisi 04.jpg
白石正一郎の石碑

siraisi 05.jpg
奇兵隊発祥の地の石碑
 正一郎は弟とともに奇兵隊に加入する。

 維新後には赤間神宮の宮司になるのだが、訪れてみても彼記を記載したものや顕彰したものはみつけられなかった。

siraisi 02.jpg
赤間神宮


 2018-7-5
posted by はやめ at 03:45| Comment(0) | 日記

2018年07月03日

熊本城・震災復旧工事中


 台風の発生と鹿児島の梅雨入りなので、ヨットの南下クル−ズを断念した。 6月17日に長崎からJRで熊本に行き、熊本城を見に行く。 20日に「元太鼓櫓」が倒壊したとの報道がありました。 城内にはまだ見学に入ることができず、周りから眺めるだけの現況になっています。 加藤神社から天守の工事の様子がよく見えた。
kumamotozyo 02.jpg


 石垣の高さといい、本丸以外の櫓にも他城では5層の本丸かと思えるようなものがありその城規模と造りには驚かされた。現存する宇土櫓の他に5基の五階櫓があったという。
その堅城ぶりは他には大阪城しかないように思われる。 復旧に何年かかるかわからないけれど終えた時には再訪したいものである。

kumamotozyo 03.jpg
宇土櫓

以下震災被害の写真です。

kumamotozyo 04.jpg
戌亥櫓

kumamotozyo 05.jpg
今度崩れた元太鼓櫓・西大手門

kumamotozyo 06.jpg
飯田丸3階櫓

kumamotozyo 07.jpg
未申櫓


kumamotozyo 08.jpg
北十八間櫓

kumamotozyo 09.jpg
長塀  西南戦争で活躍した塀が崩壊していた

kumamotozyo 01.jpg

       2018-7-3
posted by はやめ at 05:26| Comment(0) | 日記

2018年07月01日

潜伏キリシタン関連遺産 世界遺産に登録 ヨットでいきたい!


 昨6月30日に世界遺産登録決定しました。 ヨットでの今回のクル−ズで五島列島の目標は4つの登録された教会をヨットで訪れることでした。

1. 野崎島旧野首教会
nozaki 01.jpg

 無人島にある教会でヨットで訪れました。潮位と進入方向に注意。
小値賀島より2便の連絡船あり。

2. 頭が島(かしらがしま)天主堂
kasira 01.jpg

 入域制限を実施しており、事前の申請が必要。1日3便の路線バスで行く。
連絡先0959-42-8118 ヨットでの訪問は行政の許可があれば可能かもしれない。


3. 奈留島 江上天主堂
egami 01.jpg
 タクシーと海上タクシ−を使用したツア−が有川と福江より行われている。
半日コ−スで1万円弱。天候不順のためこのツア−を利用。

4. 久賀(ひさか)島 旧五輪教会
kyuituwa 01.jpg

 タクシーと海上タクシ−を使用したツア−が有川と福江より行われている。

 宇久島より野崎島に立ち寄り有川にヨットで到着。北風の天候不順が続いて、3と4はツア−を利用しました。

 おそらくヨットでの世界遺産初訪問をねらいましたが、断念することになりました。

   2018-7-1


posted by はやめ at 09:35| Comment(1) | 日記