2022年05月06日

熊野古道 伊勢路 波田須の道


 熊野市新鹿に住んでいる友人を訪ねました。その彼は定年を迎えて、雪の積もる新潟より田舎暮らしを求めて棚田に新居を構えて生活をしている。 イノシシ、シカ、サルの野生動物に悩まされながらも楽しんで暮らしているようだ。

 ここら辺にある世界遺産の 熊野古道 伊勢路 を歩いて来ました。熊野古道は高野山に続く道だと思っていましたが、それは他にもあり、お伊勢さんにお参りをした人が熊野大社を訪ねるための参詣道が古くから整備されていたようだ。 この紀伊の地は国鉄紀勢線が開通したのが昭和39年でそれまでは交通の不便な地で岬岬にある集落は孤立していて連絡船により他と往来していた土地であった。


hatatu  20.jpg
 上図の熊野古道を歩く、二木島峠・峰紙坂峠登り口(出発)より波田津の密登り口南側(帰着)まで


hatasu 10.jpg
 案内図


 新鹿(あたしか)から歩き始めた。 さすがに世界遺産に登録されてから大きな整備が行われたのであろう。案内板や表示が整備されていて道に迷うことも少なく歩くことができる。 といっても狭い坂道を上ることになり、行き交う人も見当たらないさみしい道ではある。 小生が行っている ヨットでの城探訪のようにヤブをかき分けて道を探すようなことはありません。 道は石畳のような整備がされています。 熊野古道の伊勢路の中で鎌倉時代に築かれた重厚な石畳の道もこの経路にはあります。 波田須神社の地点(波田須のみち南側)で今回の帰着としてた。そこは国道311号に出ることになるのですが、ここには徐福茶屋があり、その崖下への道を下ると徐福の神社がある。 徐福は不老不死の薬を求めて秦の時代に中国を出たのだが、ここ波田須には徐福が訪れた記憶が伝わっており、徐福の神社の発掘の折には秦の古銭が見つかっておりその伝説の信憑性が高いものになっている。


kumano 21.jpg
 新鹿にある二木島峠へ向かう古道が左手へ。 ここから波田須の道へ出発


kumano 22.jpg
 311号のトンネルを抜けずに左側の石段が古道になる


kumano 23.jpg
 鎌倉時代の造営道

kumano 25.jpg
  徐福茶屋  手前は国道311号


kumano 26.jpg
 茶屋の下に見える徐福神社



  東紀州観光手帳   波田須の密
https://kumanokodo-iseji.jp/spot/8424/ 


       2022-5-6


posted by はやめ at 05:43| Comment(0) | 日記

2022年04月12日

大洋横断  まとめ

 




oudan 20.jpg
 先人の世界周航  月日は主要地点のもの







oudan 30.jpg


  世界の熱帯性低気圧


oudan 31.jpg

   

 大洋横断について述べるには大西洋しか経験のない小生には資格がないのかもしれません。これから後期高齢者になった爺にはもう他を望むべきもない。最近に堀江さんが80を超える年齢にもかかわらずに太平洋を西航されています。 また、昨年は辛坊さんが太平洋を周回されました。 最初の太平洋横断で使用したブリストルチャネルカッタ−28は、縁があって小生がそのヨットを海外から持ってくるお手伝いをしました。

 日本や大陸の東岸より東航する大洋横断は、気候の関係により最初の大陸を離れる段階で難航が予想されます。それゆえ横断に冒険を望むのでなければやりたいものではありません。貿易風に乗って追手でスイスイ航海する安易な航海を小生のようなナマケモノには向いています。

 この資料を作った30年前には、それまでの帆船乗りが長きにわたって記録してきた気象情報よるパイロットチャ−トを参考にして小生が考えてみたものです。 ここ5年ほどは異常気象が続き台風の到来時期も違ってきました。計画を考えておられる人は最近の気象情報を吟味してプランしてください。長い目でみたら地球温暖化は本当であろうかと思っていますけれども。

 日本から出港するのは難しいものになるので、欧米でヨットを購入したケ−スになると思われます。考えておかねばならないことは米国でのハリケ−ンなどの熱帯性低気圧の時期です。 日本でも台風発生の時期が早まってきており、日本近海に差し掛かる時期は注意する必要があると思います。

  大洋航路とクル−ジングル−ト

  ヨット天文航法


  世界距離表

 http://endyachts.sblo.jp/article/189418903.html?1650390185


 

kyori 71.jpg
 大西洋横断    カリブ海のハリケ−ンの時期に注目





  大西洋横断

  大西洋横断ル−ト



 

kyori 91.jpg
 太平洋横断   ハリケ−ンと台風の時期に注目



   ヨットの大圏航路

   温暖化によるフロリダからの廻航







kyori 82.jpg
 インド洋横断  モンス−ンの時期と風向に注目

 

  東南アジアから欧州へのクル−ズル−ト 12月





oudann  10.jpg
 太平洋横断



  パイロットブック

  パイロットチャ−ト



2022-4-12



posted by はやめ at 04:20| Comment(0) | 日記

2022年04月10日

世界距離表  8. 太平洋・豪州

 



kyori 90.jpg



  横浜・銚子―ロサンゼルス       5669  大圏航路

  銚子―パナマ              5669   大圏航路 

  潮岬―シドニ              3919

  佐多岬・鹿児島―シンガポ−ル      1657

  銚子―ハワイ              3235

  ハワイ―パナマ             4352

  潮 岬 ―フィジ−             3891



kyori 106.jpg




  東京―グアム            1350

  種子島―コスラエ 大圏航路     2500

  グアム―ムサウ            940

  コスラエ―ナウル           430

  グアム―ウエ−ク           1350





kyori 91.jpg
 季節別航路



  銚子―サンフランシスコ      大圏航路 東航 5−9月

  サンフランシス―ハワイ―沖縄       西航  11−3,6月

  パナマ―沖縄   21N,107W経由  西航   1−12月  

  銚子―シドニ−   13.5N,144.3E 経由 南航  12−2月

  シドニ−沖縄           北航  11−3月


     2022-4-10


posted by はやめ at 07:22| Comment(0) | 日記

2022年04月08日

世界距離表 9. 南太平洋・オセアニア

 



kyori103.jpg
  注) Distanceは直線の距離・海里・マイルです



  ハワイ―フィジ−       2919

  パナマ―タヒチ        4616

  ハワイ―タヒチ        2400

  タヒチ―イ−スタ−      2400

  パナマ―ガラパゴス      850



kyori  100.jpg


   ブリスベ−ン―ニュ−カレドニア      750

  シドニ−オ−クランド        1299

  シドニ−―フィジイ−       1690

  タスマニア―シドニ−      614




kyori 101.jpg
  (数字)は島の中の最高高さを示し、ヨットからの視認と航路選択の助けとなる



  シドニ−―ヌメア       1100

  ヌメア―バヌアツ        480

  バヌアツ―フィジ−      600

  シドニ−―ノ−ス岬     1200

 

kyori 102.jpg


  シドニ−―オ−クランド        1450

  シドニ−―ウエリントン        1200

  ブリスベ−ン―ノ−フォ−ク      820

 


kyori 104.jpg


  ヌメア―バヌアツ―フィジ−      1080

  フィジ−―アロレ          1360

  ナウル―フレドリック        1460 

        

kyori 105.jpg


  ハワイ―クリスマス            1150

  ハワイ―カントン             1950

  トンガ―カントン             430





kyori 109.jpg



  サンフランシス―タヒチ            3400

  タヒチ−マゼラン海峡  大圏航路       4010

  イ−スタ−―ガラパゴス           2000

  ラパ―ニュ−ジランド北岬          2540

  ヒヴァ・オア―ガラパゴス          3000



  世界距離表を終えるにあたって、もうヨット健康寿命が迫ってきた年頃になり、30年以上前に作った資料を載せました。パソコンも無い時代でGPSはもちろんありません。図表は読みにくいものとなっており、少しパソコンで文字を加えましたが本当に役に立てるのであろうかと思います。

 若いころに考えていたヨットプランではエ−ゲ海や南太平洋は外せない夢でしたが、もう無理でしょう。これからそこを目指す方々に1里の助けになれば幸いです。



         2022-4-10

posted by はやめ at 09:30| Comment(0) | 日記

2022年04月06日

世界距離表 7. インド洋

   

kyori 80.jpg


  スエズ―シンガポ−ル    4898

  アデン―ボンベイ      1641

  アデン―コロンボ      2193




kyori 81.jpg





  ダ−バン―パ−ス        4141

  コロンボ―ソコトラ       1560

  ソコトラ―パ−ス        4458            




kyori 82.jpg



 インド洋季節別横断航路  南半球ゆえに季節・暑さは逆になる



  ソコトラ―シンガポ−ル       3305  11−3月  西航

  パ−ス―ソコトラ         5520  5,9月 西航

  ポ−トエリザベス―パ−ス     3270  12−2月  東航

  ポ−トエリザベス―ソコトラ    3100   北航 12−2月、  南航  5月


      2022-4-6



posted by はやめ at 03:56| Comment(0) | 日記

2022年04月04日

世界距離表  6. 大西洋  カリブ海   




taiseiyou 70.jpg



kyori 71.jpg




 ジブラルタル―カナリア          712

 カナリア―バルバドス          2600

 バルバドス―パナマ           1216

 ニュ−ヨ−ク―パナマ          1946

 ジブラルタル―マイアミ         3805 


kyori 72.jpg



  ジブラルタル―ラス・パルマス          680

  ジブラルタル―ダカ−ル            1400

  リスボン―カサブランカ             340 

  ウエルバ―アゾレス              524





             カリブ海



kyori 73.jpg




kyori 74.jpg





kyori 75.jpg







  カリブ海クル−ズ     シリ−ズ   全157回

       第1回から第101まで
    http://norari.net/carib/back_carib.php

      第102回から第157まで
    http://norari.net/carib/back_carib02.php   削除された模様

   ご興味のある方はAmazonにて発売中  400円


    2022-4-4



posted by はやめ at 05:51| Comment(0) | 日記

2022年04月02日

世界距離表  5. スカンデイナビア





kyori 55.jpg
 スカンジナビア西部



 

kyori 50.jpg
L.Hは灯台、L.Vは灯台船、 L.Byは灯標ブイ



  キ−ル−コペンハーゲン               177

  イエテボリ・ゴ−ゼンバ−グ―コペンハーゲン     139

  オスロ―イエテボリ               159          

   



kyori 57.jpg
 スカンジナビア東部





kyori 52.jpg
L.Hは灯台、L.Vは灯台船、 L.Byは灯標ブイ





  グダニスク―サンクト―ペテルブルグ     552

  ストックホルム―ヘルシンキ        244

  グダニスク―ストックホルム        372


2022-4-2



posted by はやめ at 11:54| Comment(0) | 日記

2022年03月31日

世界距離表 4.オランダ・ドイツ

 
     オランダ・ドイツ



kyori  45.jpg
 北海沿岸諸、 大きな赤丸はダンケルク





kyori 40.jpg
  L.Hは灯台、L.Vは灯台船、 L.Byは灯標ブイ



  ダンケルク―ロッテルダム        106

  ロッテルダム―ハンブルグ     264

  ブレ−メン―キ−ル運河経由 キ−ル    172


   2022-3-31


posted by はやめ at 07:22| Comment(0) | 日記

2022年03月29日

世界距離表  3.  英国・ドーバ−


 kyori 30.jpg

サザンプトン―グラスゴ−     598

ロンドン―グレンジマウス    411

ビショップロック―ダブリン     227


kyori 31.jpg

 ロンドン―フォ−クストン            100

 フォ-クストン―ル・ア−ブル          109

 サザンプトン―ビショップロック         253

 ル・ア−ブル―ビショップロック         286

 シェルブ−ル―ダンケルク           179


    2022-3-29


posted by はやめ at 08:46| Comment(0) | 日記

2022年03月27日

2. 世界距離表  地中海東部

   

            地中海東部




kyori 20.jpg
 赤丸は都市、 青丸は変針点、       数字は海里・マイル





 
kyori 21.jpg



 アテネ―ポ−トサイド       645

 アレキサンドリア―マルタ     810

 アレキサンドリア―アンタルヤ   340





kyori 22.jpg
  

  ヴェネツイア―ピエステ               290

 トリエステ―ドウブロブニク              290         

 ヴェネツイア―トリエステ               75



 

kyori 23.jpg


 ドウブロブニク―コルフ            225

 コルフ―アテネ(コリントス経由)       210

 ケファロニア南―メッシナ           255



 


kyori 25.jpg

  アテネ―イクラリオン           180

  イクラリオン―ロ−ドス          180

  アテネ―アンドロス            75

  アンデイキテイラ―アテネ         135





kyori 26.jpg


  アテネ―イスタンブ−ル       355

  アンドロス―イズミ−ル        145

  



       2022-3-27

    





posted by はやめ at 10:54| Comment(0) | 日記

2022年03月24日

ヨットのための世界距離表  1.地中海西部


   世界距離表

 30年以上前に外航航海士をしており、スペインで友人とヨットを所有して乗っていた時代です。本船にあった世界の海図をもとにしてヨットのための距離表を作成しました。まだパソコンが普及していない時代であったので、手書きの読みずらいものになっています。 もう、古くなったかもしれませんが、少しはロングを目指す方にはこれが役に立つかもしれません。間違いがあると思いますのでご参考としてください。

  今の欧州では難民のあふれる激動の時期を迎えました。 あれほど穏やかで落ち着いたあの頃のヨ−ロッパはどうなったものでしょうか。 ウクライナ戦争の平和が訪れますように願っています。

 もうひとつ、これから外洋クル−ジングをめざされる方に、本船との衝突を避けるためのアドバイスを申し上げます。 本船は夜間の大洋航海中には他船・大型船との衝突の恐れが無い限りレ−ダ−を作動していません。 目視による監視により航行しています。 それゆえに夜間は全周を照らす燈・アンカ−ライト・停泊燈をひとつで良いので点灯しておくことをお勧めいたします。 
小生のような不真面目な航海士が夜間当直をしているときには、チャ−トル−ムに引きこもって今回のようなプライベ−ト作業・距離表作成に専念して見張りをおろそかにしていました。 視界が悪くなければ灯火ひとつで充分にヨットを大洋の中も確認できますので。
 
   付録   ヨット天測


1. 地中海西部
2.  地中海東部
3.  英国ド−バ−
4.  オランダ−ドイツ
5.  スカンジナビア 1
6.  スカンジナビア 2
7.  大西洋
8.  アフリカ北西部
9.  カリブ海
10.  太平洋
11.  南太平洋 オセアニア
12.  インド洋

  1 地中海西部

kyori 05.jpg
 赤丸は都市、   青丸は変針点の 緯度経度
 図をクリックすると拡大します

kyori 10.jpg
 マジョルカ−イビザ    70
イビザ−ジブラルタル   290



kyori 11.jpg
 マジョルカーバルセロナ   130
 バルセロナーマルセイユ   189
ヴァレンシア−バルセロナ   162


kyori 15.jpg
 マルセイユ−ジェノバ      228
 ジェノバ−ロ-マ        190



kyori 15.jpg
ロ−マ―ナポリ        100
ナポリ−メッシナ       175
カグリアリ―マルタ      350



kyori 17.jpg
 メッシナ―ターラント      220
 カグリアリ―メッシナ      345


      2022-3-24



posted by はやめ at 14:49| Comment(0) | 日記

2022年03月08日

スーパ−ヨット制裁


super 00.jpg
 ウスマノフ氏の豪華ヨット(建造費が約850億円ともいわれている)日経新聞より


 米国はウクライナ戦争においてロシアのオルガルヒの所有するス−パ−ヨットを制裁対象として資産凍結した。

  米、ロシア富豪8人に制裁
  https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-03-04/R873I9DWLU7201

  オリガルヒとはソ連が崩壊して資本主義になっていく過程で国家の財産・企業を一部の人が占有したものだと思われるが、プーチンになってからそれが再改変されて彼を支える支持者になっていると云う。

 オリガルヒは塩野七生さんの「ギリシャ人の物語」オリガルキア(寡頭政)からきた言葉であることを最近それを読んだので知る。

super 03.jpg
  博多湾に停泊しているロシア豪華ヨット

 2018年に長崎にクル−ズした折に北九州沿岸に沖アンカ−していたロシアのスーパ−ヨットを見かけた。新門司マリ−ナにはテンダ−を寄せてゲストの乗り降りをしていた。 ロシアの富豪と聞き及んだが、今回の制裁の対象となり、日本に来れば資産保留になるのであろうか?


    2022-3-8



posted by はやめ at 21:24| Comment(0) | 日記

2022年02月04日

スエ−リンク全集 その1



sweelinck 00.jpg
 Jan Pieterszoon Sweelinck  1562-1621

 オミクロン風邪が全盛の折り、ヨットに乗れない時期になっています。 この時を利用して、ヤン・ピーテルスゾ−ン・スウェ−リンク全集の作成を始めました。 聞きながら作っていますので数か月かかると思います。 スウェーリンクは古楽の鍵盤好きな人でないと馴染みのない人かも知れません。

 彼はオランダ生まれで、父も息子も音楽家である一家に生まれました。後期ルネッサンスと初期バロックの時代に活躍してその時代の代表をする人物になります。 

 小生は20代でオルガン紀行をしたいものだと夢見た時期がありました。死期まじかのこの年齢になっても未だにかないません。パイプオルガンはその頃と比べて、日本にはバブル時代のハコモノ建設が盛んな時代があったせいで、各ホ−ルに設置されるようになっています。 現物の音を聞けるようになりました。 それでも今までに多く聞けた分けではありません。

 パイプオルガンはオーデイオで聴いても、なかなか満足することはできません。古楽好きの老生ですが、このジャンルはそれゆえ得意でないと自覚しています。もう、欧州へオルガンを聞きに行けそうもないと思いますが、少しはこれで慰めになるのでしょうか?

 彼のオルガン作品は小生にはバッハと区別ができません。バッハのオルガン曲は彼の曲より、より壮大になったようにしか聞こえません。 オルガン音痴のせいでしょう。 バッハが彼の作品の上に建ち、それほど近い存在ゆえかもしれません。 

  スウェ−リンク作品番号・SwWVにより整理してYouTUBEで聴けるものを取り上げていきます。

  その1  鍵盤曲  SwWV 253-298
     http://hayame.net/custom40.html#spb-bookmark-811

     鍵盤曲 コラ−ル編曲  >SwWV 299-316
     http://hayame.net/custom40.html#spb-bookmark-812



     2022-2-4


  速魚の古楽全集

 1. バッハ
 2. ヘンデル
 3. モンテベルデイ
 4. シュッツ
 5. パーセル
 6. ダウランド


posted by はやめ at 06:12| Comment(0) | 日記

2022年01月31日

ヨット 狭水道 まとめ


  瀬戸内の狭水道(ヨット)



 

kyousuido 00.jpg
  ヨットで通峡したことのある瀬戸内の狭水道



 「ヨットによる狭水道」をまとめました。 それについてはブログやHPに2013年以来の原稿があります。その中の狭水道に関するものを選びました。 そこには本船に関するものもありますが、ヨットにも関係していますので、それも取り上げます。

 40代まで本船の船乗りでしたので、本船では関門海峡と来島海峡には一段と注意を向けています。ここを通る本船船長には特別の水先手当が当時は支給されていました。

 また、残念なことに来島海峡では所属していた船会社の船舶が2隻が外国船と衝突して沈没しています。乗ったことのある船では怒和島水道で、これも外国船と衝突して沈没。 それでボ−スンが亡くなりました。 その事故は小生が休暇で下船した後の事故です。

 自身がの経験した本船の狭水道の航行で一番大変に思ったのは、ドイツ、デンマ−ク、スウエ−デン、ドイツからユカタン半島を1週間で回るコンテナ−フィ−ダ−サ−ビスに従事していた時でした。 その理由はいくつかあります。 そこの海域へは大西洋から暖かいメキシコ湾流が流れ込んでいるせいか、海の温度と大気の温度に違いがあり、春秋夏には霧が発生して視界が悪いこと。 また、当時は欧州と言えども日本程には航路標識設備が充実していないこと。 おまけに、冬には海が凍って砕氷船のサ−ビスを利用する時があることです。

  そこの一番の問題は、この海域は瀬戸内のように島が多く狭水道が多かったことです。 そこには思わぬ潮流が有り、流されて船位を求めると予想外の位置にいる時がよくあった。 船位を求める間隔を短くすることでその偏位に対処した。 これらのことで船乗り人生で狭水道航行に一番苦労したスカンジナビア航路であったと思う。

 話がそれました。 ヨットの狭水道のことでした。  初めてクル−ザ−を買い、処女航海での母港へ廻航の時です。 まだ着岸作業にに自信がないのでそれを避けて、夜はアンカ−を打ち、停泊し睡眠した。 若さにまかせて、毎日1kgの減量を余儀なくされた我武者羅航海となった。  弓削商船高等専門学校が見える沖に停泊し、さて、これから狭水道の航海だ。 来島海峡を避けて船折れの瀬戸(宮窪の瀬戸)に挑む。 そのころは潮流表で流速と転流時を調べて航海する時代であった。 ビギナ−故の間違いか流向を反対に読み水道に出たがヨットは一向に進まない。 それを見かねた地元の人が陸から声掛けしてくれて、反流を教えてくれる。 小さな船溜まりに停泊して転流時を待っことになった。 再挑戦は事なきを得て通狭した。 最初の狭水道の通峡の経験であった。 それ以来この水道は忌避して今日に至る。 とんでもない昔話を聞かせてしまった。 狭水道の航行は、人にもよるけれど、それだけ記憶に残るものになる経験とも言えよう。 船折れの瀬戸にはいずれ挑戦するつもりだ。


  最近、ここに書いたように、狭水道でヒヤリハットをしてしまう。 いろいろ狭水道について取り上げてきたが、このことで大して当てにならないとバレてしまいそうである、この「まとめ」が何かの参考になれば幸いです。



 下記の「まとめ」をクリックすると詳細に飛ぶことができます。



   ヨットと狭水道まとめ

    

   
http://www.hayame.sakura.ne.jp/99_blank059.html

    2022-1-31

 
posted by はやめ at 10:09| Comment(0) | 日記

2022年01月27日

ヒヤリハットの大畠瀬戸



 2021年の秋巡航では来島海峡、上関海峡、大畠瀬戸、音戸の瀬戸及び下津井瀬戸を通航した。今思い出すと、ヒヤリハットしたのは大畠瀬戸であった。

 慣れは怖いもので、昔なら潮止まりの前後に橋下を通るように時間調整をしていた。  最近は4−5ノットの連れ潮なら関係は無いということで、今回の北航は笠佐島と大島の間を航行して大畠大橋の中央部を目指して針路をとっていた。 橋の近くでは7ノットに上る連れ潮だグングンと橋桁に接近する。 慌てて橋と並行するようにまで左舷に思いきり舵を切りぶつからずに終えた。リ−ショアに気をつけろとはこのことでした。 流されることを計算にいれて橋の中央を目指すことなく左側に寄って航行すべきであった。


kyousuidou 20.jpg
  大畠瀬戸  我が通航図



 おまけに先に通った内航船の500トン以上もある思われる本船が橋の通過後不自然に右に大きく寄せられたのを目撃していた。 先例があったのです。事故なく幸いにも今回は終えることが出来たが小生のような凡人には予見や先例を後になって気が付くものです。


      2022-1-27


posted by はやめ at 02:07| Comment(0) | 日記

2022年01月23日

更新 ヨットのための海の駅と泊地

 
 昨年の秋巡航の後、更新いたしました。

umieki_shikoku.jpg


   http://hayame.net/custom11.html#spb-bookmark-41

    2022-1-22
posted by はやめ at 09:43| Comment(0) | 日記

2022年01月16日

大西洋横断





taiseiyou 00.jpg


 今となっては30年を過ぎた昔話である。佐野所有のニコルソン39ケッチにてペペと小生の3人で大西洋を横断した。

 佐野との共有していた52fケッチを売り、小生は日本で家にそのお金を使う。 佐野は米国人より39fのヨットを購入した。 それをアメリカに持っていくのにスペイン・マジョルカ島のアレナルヨットハ−バ−より出発した。



taiseiyou 03.jpg
 マジョルカ島 アレナルとパルマ



 スペインの南岸をジブラルタルへの航行中、当時はGPSという便利なものは無かった。チャ−トと灯台頼りの夜間航行中、灯台を目指して航行中であった、崖の上の道路上を車のライトが飛行機のように見え不思議な光景を目にした。 霧の視界が悪い中なので、今思えば灯台よりの離間距離をとって航行しなければならなかった。 突然ドスンと止まってしまう。 のし上げたようだ。 朝まで待ち、そこは灯台近くの位置であった。なんとか離礁して近くにあったフェンヒロ−ラのマリ−ナに行き、そこで修理作業を行った。 ロングキ−ルのハルであったので船底に小さい穴があいたのみで浸水はなかった。 その修理はガラス繊維で覆うだけで良かった。



taiseiyou  05.jpg
 赤丸は座礁地点



taiseiyou 15.jpg
 赤丸はジブラルタルマリ−ナ



 ジブラルタル海峡を抜け地中海とは別れて大西洋に突入。 ジブラルタル空港隣のマリ−ナへ停泊した。 ジブラルタる要塞や飛行場横にあるスペインとの入国検問所を通りアルジェシラスを訪ねた。



taiseiyou  20.jpg
 ラス・パルマス


 ジブラルタルよりアフリカモロッコ西岸沖を航行してカナリア諸島のラス・パルマスに停泊した。
30年もたつとすっかり港の様相が一変していて、前の停泊場所を探すことができない。 当時は公共岸壁にこれから大西洋に向けて旅立つヨットが縦付けに停泊していた。 地図の赤地点はカジノがある場所であるがその近くに停泊する。 おまけにそこで散財するために3日も出港を延期した。

 ここと同じように地中海の諸港はマリ−ナが整備されていて、港内にアンカ−で停泊したり、公共岸壁に停泊する場所が少なくなっているように思える。



taiseiyou 10.jpg



 ラス・パルマスよりしばらく南下してトレ―ドウインド(貿易風)をつかみ西航してウインドワ−ド諸島のひとつフランス海外県マルテイニ−ク島をめざす。

 貿易風の風は予想外に強くビュ−フォ−ト階級の風力4-5であった。 追手ゆえにヨットはロ−リングをくりかえし左右に艇体をゆらしながら快調にすすむ。 正中時の天測で正午位置を求めてサテライトナビゲ−タ−で求める船位の確認をした。 ヨット天測はこちらのペ−ジをご覧ください。

 ペペは日本の武道の名手でありすぐれたコッックであったので、動揺する船内でテンプラなども作ってくれて、彼のおいしい料理のせいで、25日の横断中に太ってしまった。

 マルテイニ−クに近ずいてからは夜が明けて午前中にそこへ到着するようにセ−ルを縮帆して時間調整を行う。 マルテイニ−クのランドフォ−ルは感動ものである。 その経験は横断したものの特権でしょう。



taiseiyou 21.jpg
 マラン沖の赤丸にアンカ−停泊



 マルテイニ−クの南端の岬を回った湾は貿易風を押さえた理想的な湾である。 そこは横断を終えたヨットが多く停泊していた。 その中に仏人と結婚した日本女性や日本人家族で32fのヨットでやってきた人もいます。

 小生のカミさんもNYから飛行機を乗り継いでここにやって来ました。 島内めぐりをして楽しんだ。 小生はここで下船してパリ経由で日本へ帰る。 パリではル−ブル美術館を3日間堪能した。

 このあと佐野夫妻は数年に渡ってカリブ海を周航した。 ハリケ−ンに会ってこの艇が80mも飛ばされて陸揚げされ、それを佐野は再び航行できるように就航させた、後日談がある。


 老年の乏しい記憶をたどりながらの昔の横断話でした。 今は変わってしまってお役に立つことは少なくなりましたけれど。



        2022-1-16


posted by はやめ at 13:24| Comment(0) | 日記

2022年01月13日

人名政の島




 江戸時代の特異な制度の人名政は塩飽諸島の島々に適用されました。 そこは瀬戸内交通の要の地であるゆえ、古くから塩飽海賊の地であった。 秀吉の時代になって朱印状が与えられて、租税を免除され、公儀の海上輸送義務を負った。徳川幕府にも引き続かれた。 四人の年寄を設け自治を許される。政務は塩飽勤番所で行われた。 「人名」はなじみが無いが大名、小名、人名と続くことばであるのが分かる。 人名は1250石高を領有し、650人の加古役のものを呼ぶ。人名は個人に与えられたものであるが、株と同様に取り扱われた。

 それらを訪ねることができたのでまとめてみました。


ninmyou 00.png
 赤丸は人名政の島々とその集落




1. 与島

2. 本島

3. 広島

4. 手島

5. 佐柳島

6. 高見島

7. 沙弥島 (しゃみじま)

 今は陸続きになっていますが、かっては島でした。 柿本人麻呂がこの沖で遭難して流れ着き、歌が万葉集にあるとかで、歌碑があります。


  ninmyou 01.png 
 
 またこの島は弘法大使の弟子の理源大師がこの島の生まれたました。彼の胎盤を大きな石でフタをしたということで、それに触れるとたたりがあると、今でも漁港の入り口にふさぐように岩あり、それを残して漁港整備されました。


  
  
ninmyou 02.png
  真ん中の大きな石  瀬戸大橋が見える


8. 瀬居島

  今は陸に続がって坂出市の一部になっている。


9. 牛島

 本島の南にある島。 丸亀市から連絡船2便/日。
豪商であった丸尾五左衛門の住居が残る。咸臨丸の乗組員も他の島と同じようにこの島より出ている。

10. 櫃石島・ひついし島

 下津井の南にある島で最も本土側に近い島である。 島へ行くには、島民しか車で入れないので、バス便を利用することになる。

  咸臨丸の乗組員50名のうち35名が塩飽諸島の出身であるのでこの島も3名が乗り組む。


   2022-1-13


posted by はやめ at 16:02| Comment(0) | 日記

2022年01月10日

イビザとマジョルカ

   


 ibiza mazyoruka 00.jpg




ping1.png
 PING 906



  スペインにいた友人の佐野と共同でマジョルカ島のパルマのマリ−ナにあったオランダ人家族が乗っていた52fのステイ−ルケッチ「PING906」を購入した。

 二人で1か月余り英国とスペインにある中古ヨットを探した。 今から振り返っても楽しく懐かしい旅でもあったと思える。 ロンドンではレコ−ドで聞いていた古楽の合奏団やヘンデルのメサイヤの演奏会をを聞くことが出来た。

 2夫妻が乗るということで大き目のヨットを選んだが、スエ−デンヨット42やホルベルグラシ−42などを買うチャンスがあった。

 マジョルカ島のアレナルヨットハ−バ−に係留することになる。 船乗りをしていたので7−8か月の乗船で2か月余りの休暇のときにスペインへ行き、ヨットを楽しむことになった。 要するにこの時期は年中海の生活をしていた。

 海賊の城のある島カブレラやマジョルカ島の南岸、イビザ島を楽しむ。 長いものはイタリアのサルデイニア北岸まで足を延ばした。


sarudinia 00.jpg
  パルマからササ−リまで


 今思えば40歳代のことになり、30年以上の前のことである。当時にはブログも無い時であり記帳して残してもいなかった。 老人の記憶によるものですので、多少のことは許されたい。

 共同オ−ナ−の佐野が一部を残してくれています。 詳しくはこちらもご覧ください。


   地中海クル−ズ  佐野による
 http://hayame2.sakura.ne.jp/details1044.html#%E5%9C%B0%E4%B8%AD%E6%B5%B7%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA

    2022-1-11


   我がヨット巡航
  http://www.hayame.sakura.ne.jp/99_blank055.html

posted by はやめ at 17:49| Comment(0) | 日記

2022年01月07日

芸予諸島の村上水軍城


 瀬戸内にある村上水軍やその城の位置ををまとめてみました。


kaizokuzyo  00.jpg
  青字は訪れた芸予諸島の海賊城、  赤丸数字は城位置


  下記のクリックで個別の城へ


 @ 備後茶臼山城
 A 岡島城
 B 余崎城
 C 馬神城
 D 青木城
 E 青陰城
 F 長崎城
 G 俵崎城
 H 茶臼山城・生口島
 I 甘崎城
 J 能島城
 K 来島城
 L 鹿島城
 M 美可崎城
 N 千守城
 O 亀山城
 P 岩城新城

     2022-1-7

posted by はやめ at 15:19| Comment(0) | 日記

2022年01月06日

手術後6年を経過して

  

  2021年 12/3-28まで入院をする。 6年ほど前に脱臼骨折の手術をした肩の「術後感染慢性骨髄炎」との診断を受けて手術をすることになる。 先の手術で肩に2本のピン・ボルトが埋め込まれていた。 今度のレントゲン検査で2本のピンを繋いでいたワイヤ−が切れていたのが映っていました。 それが原因で菌を呼び込み体内で悪さをしたのでしょう。 外傷による菌の侵入ではありません。

 2021年の秋巡航の時には肩に水が貯る症状があり、そのリンパ液が染み出てシャツを汚していました、痛くもなく腕も90度くらいは持ち上がるし、これはリハビリ終了後と同じ可動だったので、気にかけずに小生は満足の行ったクル−ズを楽しんでいました。 帰宅してクリニックへ行ったらすぐ病院行きで、手術をすることになる。 病院では「ピンを抜くようにといわれませんでした?」と問われても施術をした医師はそれを言わずに最近退職していた、リハビリをした地元のクリニックも1年余りのリハビリ期間にそれを云われなかった。 今となればピンを抜く処置は医療の常識であったようだ。

 手術では肩を10cm位切り開いて、ピンを抜きよく中を洗浄しその穴に抗生薬を入れて、また、腐った部分を切除した。 切り開いて現状を見てみないと症状の進み具合を判断できない、最悪には人工関節の手段を取ることもあり得ると病院の医師から聞かされる。 幸いにも洗浄だけで済んだようだ。 再発しやすいので今後は注意が必要とのことである。 寸止めで助かったようだ。 この後、形成外科で穴の開いた部分の治療がある。

  ここやブログで「爺爺のリハビリ治療 卒業」を書いていますが、卒業とはいかなくて再入学となりました。 今度の手術は切ったり貼ったりしたところが少なかったのでしょう。 術後1週間ほどの間に2回の院内リハビリで元に戻れそうな気がしています。 やっぱり再発が怖いなあ。

 問題点は中核医療の病院と地元のクリニックとの連携・連絡がうまくいかないとこのような事態が起きるのではと思われる。 米国の友人は日本にもヤブがいるのだなと...言っていましたが。

 中核病院はすぐに地元へ返したがる傾向があるように感じている。ここ病院の整形外科も紹介がないと診療が受けられない、このような別の問題もあるのですけれど。



      2022-1-6

 
posted by はやめ at 14:07| Comment(0) | 日記

2022年01月05日

馬神城

    


umakami 00.jpg
 馬神城、青木城,重井港



  生口島にある茶臼山城からの弓削への帰りはタクシ−で金山まで行き、そこからフェリ−で因島赤崎まで行った。ここでバスに乗れば土生まで行き連絡船で弓削に帰ることができるが、時間があるのでバスにて逆方向の重井まで行き馬神城を訪れることにした。 そこはかって青木城を探索したことがあるが、その時は支城にあたる馬神城を知らなかった。

 ここは永禄十年(1567年)青木城を築城した因島村上水軍新蔵人吉充の命により築かれ、側用人頭で第五(付)家老・末長有馬介景光(矢治馬介景親)が城将となった。そこには用人四家、小柱二家、使番五家及び大目付二家と十八(横目付)連中を率いて居城したと伝えられる。

 上の衛星写真で青木城と馬神城の位置関係や馬神島であったことが良くわかる。


 


umakami 01.jpg
  馬神城


 

umakami 02.jpg
 道降寺、  除虫菊ロ−ド脇に建つ




umakami 03.jpg
  登り口と案内表示




 

umakami 04.jpg
 門があったと思われる




 

umakami 06.jpg
 本郭にある祠など

 



umakami 07.jpg
  重井港方向を望む、 土生−重井−三原を結ぶ連絡船もある



 ここへ行くには除虫菊畑の入り口から車で行く方法と海岸沿いを歩き道隆寺へ行く階段を上がると先の道に着くものがある。 まもなく、登り口の案内板を目にする。



umakami 09.jpg
  除虫菊畑の入り口



            2022-1-5





posted by はやめ at 18:00| Comment(0) | 日記

2022年01月04日

俵崎城と茶臼山城    生口島

    




setoda 00.jpg
 訪れた海賊城



 生口島は個人的には思いで深い町である。  初めての船員として乗船する時に、品川からブル−トレインに乗り尾道で下車。 当時は島々への連絡船のにぎわいのあるなか、瀬戸田造船へ行くためにそれを利用した。 ほどなく本船に乗船して北海道へ向かった。人生の初航海であった。


setoda 01.jpg
 瀬戸田 連絡船降り場、 海の駅でもあるようだ




setoda 02.jpg
 古い街並み風のモダンな建物




 瀬戸田と言えば耕三寺が有名である。そこは好みでは無いのでスル−する。 駐車場の隣に俵崎神社があり、そこが俵崎城跡である。





     俵崎城

 



 


 現在は海から離れた土地にあるが、海賊城にふさわしく岬の先の海城である。 瀬戸田は尾道に次ぐ湊町であった。この城主と考えられている生口氏は織田信長と毛利の戦い、第1次木津川口海戦で毛利方の武将です。


 

setoda 03.jpg
 俵崎城登り口





setoda 04.jpg
 1郭にある俵崎神社 




setoda 05.jpg
  1郭にある高い部分  登れなかった



 

setoda 06.jpg
 2郭を見る







  茶臼山城 生口島



 俵崎城は茶臼山城の支城ではないかと云われている。 観光案内所で尋ねて、そこへタクシ−で向かう。この城を訪れる人が少ないのか余り情報をもらえなかった。

 タクシ-を下りてからは舗装された山道を登っていく。ため池のあるところに手作りの案内板がありため池横を登ることになる。途中で行政の案内板があった。かっては整備されていたのであろう。 タクシ−でため池あたりまで行けるので、乗れれば楽です。


 

setoda 21.jpg




 

setoda 20.jpg
 タクシ−下車 左へ向かう




setoda 22.jpg
  ため池横にある手作りの案内プレ−ト  




setoda 23.jpg
 案内板 



 水タンクのようなもので行き止まりとなり、さらに頂上を目指して道の無いところを登って行くと、、それらしくの一番高い場所についた。標識も無いところであった。これより下り路を探したが見当たらない。 より低い位置で通れそうなところを下っていく。往路に出会うとともっていたが1時間ほどしても無い。 焦りを生じた。 途中で土塁に囲まれた郭のようなところへも到達したが、それに続く道も無い。山で迷ったようだ。


 



setoda 25.jpg
  水タンク

 


setoda 26.jpg
  最も高い場所





setoda 28.jpg
 土塁のある名も知らない郭






setoda 29.jpg
 農場、・「ごちそうの森」の奥にたどりついたようだ。





setoda 24.jpg
 ため池のむこうが「ごちそうの森」



 広島観光連盟のペ−ジより

setoda 30.jpg
  守護神     広島観光ナビより転載

 「標高187メートル、中世の模範的な山城と言われています。周辺には寺跡、居館跡、石風呂跡が残っていたと伝えられています。頂上の一の郭には城の守護神がまつられ、二の郭には井戸跡があり一の郭の南側に三の郭の遺構が残っています。この城はお茶を碾く臼によく似ているところから茶臼山城と呼ばれたと言われる。」

 以上のような山頂の守護神なども見つけられなかった。 案内表示が朽ちていたのかもしれないがたどり着けずに、暴走老人のヨット乗りが山で遭難騒ぎを起こす寸前であった。 今後も注意しなければと......



       2022-1-4


posted by はやめ at 13:20| Comment(0) | 日記

2022年01月03日

余崎城と岡島城


  余崎城



onomiti 15.jpg
 向島, 余崎城、 岡島城



 午前中に備後茶臼山城を訪ねて、午後は因島でレンタサイクルを借りて向島にある余崎城と岡島城へ向かう。 今日の3つの城はすべて村会海賊関係の城である。 因島でもらった海賊関係のパンフレットに載っていたものである。

 尾道から自転車込みで90円という安いフェリ−にて迎島に行く。 余崎城は向島の南岸にある城である。 そこへ行くには自転車で一山超えなければならなかった。 海賊にふさわしい立地で余崎城は海に突き出た岬にある。

 当時の栄えた湊町・尾道を押さえるには最適な場所と思われる。地元に人に尋ねながらお城の登り口へ来た。 しかし登って行くと何かの郭があったと思われる民家のある平地に着いた。 本丸へと続くはしごがあったけれど、不安定な構造で民家の敷地でもあり登ることを断念した。

  登り口の近くには船隠しのある小弯がある。



onomoti 21.jpg
 余崎城



onomiti 24.jpg
 登り口



onomiti 23.jpg
  行き止まりの民家



onomiti 25.jpg
 本丸へと続はしご?



onomiti 22.jpg
 船隠し


 後で知ったのですが、もう一つの経路があり、それは岬の反対側を通るル−トのようで残念だがその時には気が付くことができなかった。 城跡の整備はされていないもよう。




   岡島城




onomiti 30.jpg
 岡島城


 余崎城の帰り・岡島城への往路は1時間余りも峠の頂上まで自転車を押し登りで辛い作業であったが、そこからは向島のフェリ−乗場まで一気に下った。 この近くの造船所の敷地内に岡島城はある。 造船所の守衛さんに尋ねたがご存知なかった。城のふもとの民家の女性に聞いてみると、かってそこには邸宅風の建物があり現在は住んでいないということでした。 登り口を探したが通行禁止の模様。 またしても断念した。

 休止していたフェリ−乗場があり、そこを降りると尾道水道がわの城斜面が見える。

そこには城へ上がる道や船を繋ぐ雁木があったかもしれない。



onomiti 31.jpg
 造船所の敷地にある



onomiti 32.jpg
 登城口とおもわれる?



onomiti 33.jpg
 休止していた尾道―向島のフェリ−


 今日の3城訪問はいずれも満足するものではなかった。 因島の観光案内のパンフレットに載っていたものだが、単なる城の位置を示すものだけであったのでしょうか。 観光施設としての整備はされていない。


    2022-1-3


posted by はやめ at 04:29| Comment(0) | 日記

2022年01月02日

備後茶臼山城



onomiti 15.jpg
 青線、 乗船した連絡船航路




弓削海の駅にヨットを置き備後茶臼山城を訪ねた。 実は尾道にも海の駅がありそこにヨットで停泊したことがあります。 尾道水道は狭く潮流が強い時がある。 それゆえ、そこを出港しようとしたところ、もやいを離すとすぐに自船が隣の船に寄せられていき、シングルハンドで対処するには辛い思いをした経験が有り、一人の時は尾道を避けている。



 面倒なことだが、百島にある村上海賊の備後茶臼山城へ行くのに、弓削から連絡船で因島の土生へ、そこで尾道行きのバスに乗り、尾道から百島へ再び連絡船に乗った。



 その城跡の近くの脇の道に来ているのは確かと思われたが、地元の2人に尋ねたが市への確かな道は分からなかった。 尾道市は瀬戸内では有名な観光地なので近くの島の城跡には興味も予算付けも無く。 遺跡整備に熱心ではないようだ、遊歩道の整備も案内板も無かった。 この城訪問は断念した。





onomiti 10.jpg
 尾道よりの連絡船




onomiti 11.jpg
 百島案内板





onomiti 12.jpg
 備後茶臼山城





onomiti 13.jpg
 行き止まりの廃車。 ここより道があれば城跡にいけるのだが





    2022-1-2


posted by はやめ at 06:50| Comment(0) | 日記

2022年01月01日

我がヨット巡航


  2022年 元旦

   あけましておめでとうございます。

     本年もよろしくお願いいたします。

  http://www.hayame.sakura.ne.jp/99_blank055.html


 我がヨット人生はY15に始まり半世紀余りを過ぎました。 かすれ行く記憶をたどって巡航の記録をここに取り上げてみました。

 ヨット泊地は最近のものは、できるだけ詳しく取り上げたつもりです。個別のペ−ジをごらんください。参考になれば幸いです。


                        2022-1-1


posted by はやめ at 01:39| Comment(0) | 日記

2021年12月30日

青陰城



aokage 01.jpg
 2021年秋巡航で訪れた城(赤字)

 因島村上海賊は長崎城、余崎城、青木城、青陰城と居城を移した。 そのすべてを数回に渡って訪ねたが、今回でそれらを見ることができた。 青陰城以外はすべては、海沿いに建つ海城で近くの船隠しに襲撃船を置いて、いつでも目標に向けて出撃で来た。青陰城は山城でそれを持たない。ここは海賊の地位が確立したので、今までの城立地と違ったのであろう。 本丸から眺めると分かるのだが、近くの島々とその瀬戸がここからは見通せる。ここから出撃命令や発見報告を、狼煙を使用して指示したのであろう。

 本当にここからの眺めは絶景そのもので、これぞ瀬戸内という感じである。 日本のまた、個人的に眺めた絶景のベスト3に入ると確信が持てる。オススメポイントであります。
 


aokage 02.jpg
 青陰城の案内標識、  所々にある。 左端の小屋が宝寿寺

aokage 04.jpg
 一時置きした自転車

aokage 05.jpg
 ここから登山口

 南北に2つの登山口があるようですが、北はメンテが悪いと言う情報があるので、小生が登った南ル−トが良いようです。 小生はレンタサイクルでいったのですが、登山口までズット登坂で自転車を押して登るハメになった。だが、帰りは「楽チン」そのものであったが。

 南ル−トとしては、田熊郵便局横の道を登って行く。 所々に日本遺産の案内標識が設置してある。地図では宝寿寺(小さな祠のようなもの)を目指していく。

aokage 06.jpg
 分岐点


aokage 07.jpg
 曲がり角には石垣が残っている


aokage 08.jpg
 2の丸


aokage 09.jpg
  本丸の石垣へ続く道


aokage 10.jpg
  本丸


aokage 11.jpg
  絶景、  写真のウデと機材が悪くてゴメン、 本物を見よ!


 村上水軍城(博物館)をかって訪ねた時に、「あれが青陰城よ」と教えていただいたが、今度は反対にそこ青陰城から博物館を見下ろすことが出来た。

aokage 15.jpg
 博物館を本丸より見下ろす

   2021-12-14


posted by はやめ at 16:10| Comment(0) | 日記

2021年12月12日

新高山城

信高山城・にいたかやまじょう

mihara2 06.jpg
 信高山城 


mihara2  01.jpg
 縄張り図  現在地表示はは匡真寺跡です


三原海の駅に5年ほど前に訪れた。その時は三原城を見た。 そこに移る前の小早川隆景が本拠にしていた今回は信高山城へ行く。

 三原駅からタクシ−に乗ったのだが、費用もかかるしJR本郷駅よりそれに乗っていけば十分であった。

 登山口には下記の写真のように登山中止勧告の掲示があった。 行けるところまで行くつもりでしばらく行くと、 崩落現場に着いた。

mihaea2  01.jpg
  注意書き


mihara2  03.jpg
 通行止め現場

 沢に降りて工事パイプをつかんで現場を避けて続行した。 途中で2−3人の人とすれ違ったので同じ考えの人もいたようだ。 ただし雨が降っている時や翌日の地面が湿っている時にはこのような行動を、おすすめいたしません。

 そのまま登って行くと、番所跡や匡真寺跡にたどり着いた。

mihara2  04.jpg
 番所跡



mihara2  05.jpg
 匡真寺跡  小早川一族の菩提所があったが城廃止ともに移設した。

 ほどなく中丸跡に着く。右手に行くと本丸である。

mihara2  12.jpg
 中の丸(2の丸)

mihara2 13.jpg
 本丸

 本丸より一段高い詰め丸へ行く。 沼田川をはさんで以前の本拠・高山城がすぐ近くに見える。 ここはその城の副塁であったものを大きく改築した。

mihara2 14.jpg
 高山城、  今回は予定していたが、諦めて訪問できなかった

mihara2 16.jpg
 詰めの丸より見た沼田川

井戸廓の井戸を見て、中の丸に再び行き西の丸を訪ねて北の丸へは整備ができてないようなので断念して下山した。 

 城の規模も大きく大分整備されているので崩落個所が無ければ良い所だと思いました。

mihara2  20.jpg
 井戸跡


三原へ帰り西国街道沿う宗光寺山門を見た。新高山城から移築されたものという。


mihara2  takayamazyo.jpg
 宗光寺山門



   2021-12-12

posted by はやめ at 20:56| Comment(0) | 日記

2021年12月10日

丸谷城・丸屋城


marutanizyo 06.jpg

丸谷城・丸屋城は下蒲刈港にヨットで訪れた時、ガソリンスタンドへ軽油を買いに行く途中に偶然そこへの看板を目にした。

marutanizyo 03.jpg

 城への登り口は案内板がないのでわかりにくい。上の写真の道路標識のすぐ近くに下写真の登り口がある。

marutanizyo 02.jpg
 本丸への登り口

 ミカン畑に沿った細い坂道を登って行くと本丸・本廓へ着く。 そこには神社のような建物と石碑がある。

marutanizyo 05.jpg
 本丸,左端に石碑が写っている




marutanizyo 04.jpg
丸谷城 本丸

 縄張りは本丸から天神鼻に向かって段々と降下して廓があったようだが、今回は確認していない。 ここは公園になっているので、天神鼻まの岬の突端まで探索が必要でしょう。

 村上海賊が隆盛するまでの時期に、多賀谷氏がここを築城し、倉橋島にも城を持ちその両方でここの一帯を海賊として支配していた。 

 西風の強風の時にここへヨットで停泊したので、実感したのですが、風が強く吹き抜けても波立つこともなく、安全に係留できた。 昔も風待ち潮待ちの湊として利用されたことと思う。 また、海賊城には舟隠しが必要ですが、その良い施設となったことでしょう。


    2021-12-10


posted by はやめ at 12:43| Comment(0) | 日記

2021年12月08日

下蒲刈




simokamagari 100.jpg
 安芸灘とびしま海道図

 ここで「真珠の首飾り」と勝手に名前を付けて「とびしま海道」を取り上げています。 この道と本土に囲まれる海域は穏やかでセーリングにはもってこいの場所です。それでヨット乗りとして以前から安芸灘を注目していました。
 安浦海の駅は温泉もあり、ヨット泊地には良いところでしたが、公共の宿と思われるホテルが売却されたか営業を縮小した関係で海の駅は廃止された模様です。 従い近くのそれに代わる泊地を探していて、下蒲刈島を見つけて停泊しました。


simokamagari 01.jpg
案内図

 ここを散歩していると日本では珍しい石畳の道に出会いました。 予想外に洗練され整備された観光地の三之瀬を見つけました。
 歴史的には鞆の浦、尾道、御手洗と江戸時代の帆船航路の湊として栄えたところでした。 己の勉強不足です。 福島正則は関ヶ原の後に広島の地を家康からもらったのですが、ここを重要視して長雁木の係留施設を造成し、その跡も残っている。また、朝鮮通信使の宿としても使われた。

 美術好きの人には美術館や関連施設もあります。 風情のある街並みがあるので、訪れてはいかがでしょう。


simokamagari  06.jpg
 三之瀬案内図



simokamagari 02.jpg
観瀾閣・かんらんかく、 満州で土木で財を成した人の別荘

simokamagari 03.jpg
 丸木家住宅、 番所の役人の家という


simokamagari 04.jpg
 3の瀬本陣跡


simokamagari 05.jpg
 長雁木、  潮位が高いが階段状になっている


simokamagari 06.jpg
 蒲刈大橋


simokamagari 07.jpg
蘭東閣美術館



   ヨット泊地

simokamagari 00.jpg
 停泊写真

simokamagari  111.jpg
 赤丸 停泊位置、  青丸 停泊可能性のある位置

 東西の強風を防ぐ良い避難港だと思われます。 最近クル−ズ船が就航するようになったので、その日程をチェックしておく。それがポンツ-ンのどちらに着岸するか不明ですので。 今回は赤丸に着岸した。 青丸のポンツ−ンにも着岸可能だと思われる。

    2021-12-8

posted by はやめ at 05:33| Comment(0) | 日記

2021年12月03日

内子町と卯之町



utiko 00.jpg
 松山、伊予市、内子町、卯之町、長浜



 ヨットで停泊した伊予市より宇和島行きJR特急に乗り歴史的町並み保存地区のある内子町と卯之町を訪ねた。


   内子町


utiko 03.png
   内子町 見どころ


 内子はろうそくの生産が盛んであった町である。江戸時代の藩政改革の特産品として知られている「ろうそく」であるが、特に内子産は世界でも知られていた。それゆえに町の資産家の有志が内子座を建て、現在までこの建物は残る。


utiko 01.jpg
 内子座、  1916年に立てられた


utiko 02.jpg
 内子座を舞台より撮影、   まだ現役の芝居小屋である


 八日市・護国の街並み保存地区には需要文化財 本芳我家住宅や木蝋資料館・上芳我邸など古い町並みが見られる。


utiko 04.jpg
 需要文化財 本芳我家住宅(内最大の製蝋業者だった)と木村家住宅(手前の建物)  




utiko 05.jpg
 旭館  映画館として使用された




     卯之町


utiko 21.jpg
 案内図


 卯之町は北の大洲藩と南の宇和島藩を結ぶ街道の宿場として栄えた町である。 シーボルトの娘・楠本イネを養育した二宮敬作邸跡や高野長英をかくまった隠れ家などが残る。
予想よりもこじんまりとした街並みであった。 バレ-を習っているカワイイ少女に教えてもらい開明学校へ行く。明治15年に町民の寄付により建築された小学校があるが、外観を見ただけで拝観料を払ってまでの努力は省いた。




utiko 22.jpg
 街並み


utiko 23.jpg
 高野長英のかくれ家



utiko 24.jpg
 開明学校



utiko 25.jpg
 二宮敬作 住居跡


    2021-12-3


posted by はやめ at 03:58| Comment(0) | 日記

2021年12月02日

伊予港

    

      

iyo 01.jpg
 伊予港  赤丸 停泊地、  青丸 ポンツ−ン


 松山堀江から伊予港へ航行し、そこに停泊した。 予定泊地は上図の赤丸で商業岸壁である。 一応サイドアンカ−を打って岸壁に寄せた。 しかし、潮位が低く船より岸壁にはよじ登れない。小1時間待って通りすがりの人に頼んでロープをビットに固定してもらう。 強めの南西風が吹いていたが、構内はその影響無いようだ。北風系が吹いてもよさそうで、良い避難港にはなる模様。岸壁のカキ対策で大き目のフェンダ−が2個ばかり必要でしょう。 もし松山堀江海の駅へ行く予定でウネリの入るようなときには、ここのほうが良いのではないかと思う。伊予鉄道とJRが利用できるので意外と松山に行くのに便利でしょう。 ここから松山観光も考えられる。 松山にはヨット泊地として適当なものが無いので。

 ここより街並み保存地区の内子町と卯之町へ訪れた。  ここから、 伊予長浜に向かう予定でした、長浜は外港に係留するつもりなので、そこでの強風は避けたい、先行きの天候が悪化する模様でそこへの寄港をあきらめた。


iyo 03.jpg
 青丸の予定泊地

 

 このボートは自衛隊の応援グル−プの支援船のようで、このポンツ−ンを管理している。 ここに連絡してここを利用する許可が得られれば最適なヨット泊地になりそうです。


iyo 05.jpg
 赤丸  ヨット泊地


       2021-12-2



posted by はやめ at 10:07| Comment(0) | 日記

花見山城と宅並城


        


horie 01.jpg
 堀江海の駅、宅並城、花見山城、葛龍屑城

 今治から中島を計画していたが、東寄りの風のため松山堀江海の駅に停泊した。 かってここから道後温泉や松山城を行ったことがある。 それゆえ、近場の城を散策することにした。


     花見山城

 花見山城はJR堀江駅より予讃線に沿って松山方面に歩き、堀江新池のほとりにある。
お城の立地は川とか岬の鼻とか防御を考慮して立てられている。花見山城の傍にある池は田畑の水不足解消のため19世紀に松山藩に願い出て作ったため池である。この城のためのものではない。川は城のためではあろうと思われるが名前は地図から読み取ることができないので不明である。

horie 02.jpg
 新池

horie 04.jpg
 登り口

 登り口を登っていくと本丸にあたるところに祇園神社がある。この南に2の丸、3の丸があったが、それらしいと思われるがはっきりしない。
河野氏が築いて九州ににげ再び取り戻したという。 村上海賊の一族が城主になったこともあるようです。

horie 03.jpg
 祇園神社


horie 05.jpg
 名称不明の川(権現川?)より花見山城を望む


      宅並城

horie 11.jpg
 宅並城


 JR堀江駅より一駅で光洋台駅に至る。 そこよりgoogle マップに導かれて宅並城をめざす。 えんえんと坂道を登り下図の青丸地点にたどりついたようだ。みかん畑で行き止まりであった。作業をしていた人に尋ねると、藪の崖を登れば城跡に行けなくはないけど無理でしょうと云われた。 その人に地図の反対側にある登山口まで軽トラで送って頂いた。 そこから山頂をめざした。
 たどりついても城らしい石垣や土塁を目にすることは無い。 城跡の名称の残る山登りをしただけである。 地元の親切な人々の援助は大変ありがたかった。


horie 10.jpg
城郭放浪記より   宅並城縄張り


horie 13.jpg
 半ばで休憩して写す。 中央奥の島は北条城・島

ここは北条城よりの狼煙を受けて松山へ狼煙で知らせる中継点であったと、同行の登山者の女性に教えられた。

horie 12.jpg
 山頂(201m)にある神社

 光洋台駅まで下ったが老人の気力・体力が衰えて葛龍屑城行きは断念した。 駅のホ−ムよりそこは見えていたのであるけれど。

     

  仁堀連絡船

 旧国鉄が呉線仁駅と予讃線堀江駅との鉄道連絡船を運航していた。この堀江海の駅は1982年に廃止されたこの航路のポンツ−ンを使用している。


       2021-12-2


posted by はやめ at 06:28| Comment(0) | 日記

2021年11月30日

芸予要塞  小島・おしま

  

    


kurusimazyo 00.jpg
 小島・芸予要塞と来島城


 来島へ行く連絡船・フェリ−は来島、小島、馬島へと行くことができる。 来島の他に小島へ寄ってみたのだが、事前に何も知らなかったにもかかわらず芸予要塞を目にするという大きな収穫を得た。 日露戦争に備えて本土防衛用沿岸要塞がそっくり残っているのだ。 旅順攻撃で日本軍が使用した28cm巨大砲砲撃の絵柄を憶えている人は多いでしょう。



geiyoyousai 03.jpg
 連絡船・フェリ−から見た小島


geiyoyousai  02.jpg
 案内図    芸予要塞 1902-1922


 北部、中部、南部と3つの砲台群があり、それぞれ兵員退去所や発電所がある。 中部には周囲を見渡せる観測所がありそこからの指示で間接射撃を行ったものと思われる。



geiyoyousai 04.jpg
 28cm りゅう弾砲のレプリカ、  船着き場近く


船を降りるとすぐに南部砲台に至る。 そこには12cmカノン砲2門が置かれた。この砲座は海から見えない構造である。カノン砲は直接照準の火砲であるが、防御を重視して間接照準での敵艦攻撃をここでは計画したのであろうか。



geiyoyousai 15.jpg
  南部砲台 カノン砲座 


 発電所跡がありさらに歩くと弾薬庫跡に至る。 弾薬庫は危険な場所ゆえ周りを崖で囲む地形にあった。



geiyoyousai 06.jpg
 中部砲台跡 28cm榴弾砲 この砲座に2門設置


geiyoyousai  05.jpg
 中部砲台    28cmりゅう弾砲6門を設置


 ここの2門の28cmりゅう弾砲は203高地の砲撃のために移動され活躍したという。


geiyoyousai 07.jpg
 指令所跡  ここで海峡を監視観測して28cm砲へ砲撃を指令する



geiyoyousai 10.jpg
 北部砲台

北部砲台には24cmと9cmカノン砲がそれぞれ4門あった。  要塞廃止が決まった後で空爆演習がここで行われた。


geiyoyousai 11.jpg
 空爆跡



geiyoyousai  13.jpg
 24cm カノン砲

 ここより下に降り海岸沿いの道を船着き場まで帰った。


geiyoyousai 12.jpg
 来島海峡中水道を左に眺めながら歩く


 なお、芸予要塞は三原の瀬戸を望む大久野島(うさぎ島)にも対にあたる大久野島要塞があった。

 ロシアの恐怖におびえた明治の指導者は、海軍を育て海岸要塞を築いて対処して、最後には勝利した。 今にも中国が台湾に侵攻しようとしている事態の令和の現指導者はそれに対応すべき何かをしているのであろうか? 日本は30年の大停滞を過ごしたとはいえ、今の日本の経済力は明治のそれとは比べるまでもなく大きくて良いはずだ。いいお湯だと気持ちよくなっているうちにその湯は熱湯へと変わるでしょう、裸でフロから飛び出しても遅い。

 ソ連の中距離核ミサイルの配備に対して、ドイツは米国の中距離核ミサイルを配備すことで対処した。日本はそこまでのことをしなくてもよい。9条の改正を待たなくても良い。 日本は対艦ミサイルや機雷の大量保有で中国に攻められない抑止力を持つことができるのではないでしょうか? 

 芸予要塞を見て、明治の・維新の指導者に思いを寄せる小生には、このような想起をすることを身の丈を越えるものと言えるであろう。


     2021-12-1


posted by はやめ at 22:40| Comment(0) | 日記

2021年11月29日

来島城


   
     


kurusimazyo 00.jpg
 来島海峡の各水道(青字)と来島城、芸予要塞

 来島海峡をヨットで西航するときには今治に停泊し潮流を待って航行する。 本船航路の中・西水道は避けて来島の西にある勝手にヨット推薦水道と名称した水道を小生は航行している。

 村上海賊に強い興味を持っている私としてすでに鹿島城を訪ねているので、念願の来島城へ行きました。

 今治海の駅にある第2桟橋近くのバス停より「渡し場」経由のバス便に乗りそこで降り、波止浜港(観光休憩所)から連絡船に乗船します。10分ほどで来島へ到着です。


kurusimazyo 05.jpg
 波止浜にある連絡船乗り場(切符は観光休憩所)の燈明台


kurusimazyo 04.jpg
 連絡船から見た来島城

kurusumazyo 03.jpg
   案内図


 連絡船を下船して右手報告に数分歩くと、左に上る入り口があります。すぐに石垣が見える。

 
kurusimazyo 16.jpg
 来島城入り口


kurusimazyo 17.jpg
  2の丸付近の石垣

 そのまま行くと突き当りになり居館跡・心月庵、わかりにくいけれど3の丸へ上がる左の道を往きます。
来島神社、2の丸、本丸へと至る。

kurusimazyo 18.jpg
  来島神社

kurusimazyo 19.jpg
 2の丸

kurusimazyo  15.jpg
本丸跡、  鉄塔がある




  来島 ヨット泊地

ヨットでは行けなかったが、下写真の場所につけられそうである。 フェリ−は連絡船乗場の水道に面している側しか着桟できない。潮流が渦巻いており潮時間と連絡船の空き時間を知っておかないとヨットでそこにつけるのは無理でしょう。 下の漁船の前なら島見学に要する2−3時間なら可能かと思われる。
 
kurusimazyo 11.jpg
 停泊位置


  鹿島城と得居通幸
 http://hayame.net/custom27.html#spb-bookmark-26


     2021-11-29


 

posted by はやめ at 05:16| Comment(0) | 日記

2021年11月27日

佐柳島・さなぎしま

  



sanagi  26.jpg
 案内板  人口は2部落で60人という


 佐柳島は長崎港の係留に失敗したので多度津に泊まり、翌日に連絡船でここを訪ねた。 長崎から本浦までは徒歩20分くらいの距離です。 歩いてそこへ行き、帰りの船便を得た。


sanagi 30.jpg
 本浦で連絡船を待つ間に足元から離れない子猫


 塩飽諸島に残っている両墓制のお墓近くにもニャ−と呼び掛けてくる猫がいる、島のあちこちで人慣れした猫を多く見かけた。愛猫家には有名な島とのこと。 

 海援隊士であり、いろは丸の紀州藩船との衝突の際には当直仕官であったという佐柳浩高次(さなぎこうじ)はこの地にも長崎集落があるが「出島の長崎」で死亡したけれど、この地元にお墓がある。そこを訪ねた。



sanagi 25.jpg
 中央が佐柳高次の墓  前田が本名である

 



  佐柳島 ヨット泊地


 予定していた長崎港の岸壁には階段横から直角にチェ−ンが飛び出していて着岸不可であった。
港も狭く連絡船の反対側も利用できないので、ここより本浦港が停泊には良いように思う。ただし本浦港近くの海域は浅いところがあり、十分な注意が必要である。


sanagi  31.jpg
 佐柳島  長崎港入り口
 


sanagizima  20.jpg
 長崎港  青丸は失敗した岸壁


sanagi 02.jpg
 長崎港  チェ-ンの飛び出し



sanagi 22.jpg
 本浦港   赤丸は停泊地



    2021-11-27


posted by はやめ at 04:12| Comment(0) | 日記

2021年11月25日

小手島と高見島


  
sanagi 01.jpg
 塩飽諸島


 手島を出港して小手島に立ち寄り佐柳島の長崎で1泊するつもりであった。佐柳島北部にある長崎の港へ入ると予想以上に狭く、予定岸壁に行く、そこからチェ−ンが張り出していて着岸不可能。 発見が遅れると船首をぶつけるところでした。佐柳島の停泊をあきらめ高見島へ向かう。 そこでは連絡船の着桟側の向かい側の利用していない側にヨットを着けた。2時間ほど見学して多度津海の駅に向かい停泊した。 ちなみに、手島、小手島、広島、本島は丸亀から連絡船・フェリ−が来る。 佐柳島、高見島は多度津からそれは来る。


  小手島・おてしま


kotezima 01.jpg
 小手島

kotezima 03.jpg
 案内図       19所帯33人が住む

 明治のころまで無人島だったが手島、北木島、真鍋島より移住者が来る。親の手島よりも賑わいを感じる。 漁業が手島と違い今でも盛んなようだ。手島よりも小さいにも関わらず人口が多い。
少しの間小手島を見て回ったけれど、帰ってから印象が薄くあまり思い出せない。

  
  小手島ヨット泊地

kotezima 05.jpg
 赤丸が停泊地  短時間限定の模様

kotezima 02.jpg
  連絡船ポンツ−ンの反対側



   高見島  

takami 11.jpg
 高見島案内板、  人口は27人という

 高見島は船乗りには備讃瀬戸北航路と南航路に挟まれた島にあり、その島の北を西航し南を東航することから見慣れた馴染みのある島である。でも、訪れた人は少ない。咸臨丸の4人の船員を出した島でもある。 そのお墓があるということで大聖寺へ向かった。しかし、案内板が無くみつけることはできなかった。


takami 15.jpg
 大聖寺の門にある力士の木像


  竜王山が岸まで迫り平坦地が少ないので山の斜面に沿って家を建てて住む。 塩飽諸島に立ち寄って知ったのですが、両墓制というお墓の制度が残っており、埋葬するところとお参りするところが別になっている制度のようです。 日本古来の様式だという。 

takami 12.jpg
 両墓制のお墓

 寅さんお映画をテレビで連続して放送している時に、覚えのある映画で題名は忘れました。下の写真の映画です。そのスト−リ−は、引退した船長のところに、港々に女ありというような設定で生まれた娘が病気になりそこで静養をしていた。寅さんが家出したさくらの息子を探しにこの島へ来て彼女に出会う、いつものようにラブコメデイが始まりそして終わる。 この島を訪れてみて船乗り出身者を多く出した島のようには思えなかったが、歴史的にはあり得る設定である。 船乗り稼業に染まったことにある小生にはおもしろかった。

takami 14.jpg
 寅さんのロケ地となった高見島


 米国で成功した人が故郷に錦を飾った、石垣のすばらしい家が残る。

takami 13.jpg
 中塚邸  


    高見島  ヨット泊地

takami  01.jpg
 赤丸は停泊場所

takami 10.jpg
  泊まることもできそうである


 連絡船は正面を利用するので左右両サイドが利用可能だが沖から見て右側は堤防に近く避けて方が良いように思われる。

     2021-11-25


posted by はやめ at 10:53| Comment(0) | 日記

2021年11月23日

手島・てしま


     

tesima 02.jpg
 手島を望む

tesima 01.jpg



 手島は15所帯(人口20人)の島です。 一度訪れたくて昨年ヨットで港の停泊場所の事前視察をしています。 江戸時代に人名制で特別な自治制度を認められた塩飽諸島のひとつであり、google マップで見つけた手島城に行ってみたくて今回のクル−ズで訪れてみました。


tesima 07.jpg
 高札場・制札場

 本島にある塩飽勤番所からお触れが出てここに貼られて人名制の手島住民に知らされた。


tesima 09.jpg
 海岸から2つ目の山が城山・手島城跡

 手島城をめざした。 蛇が出る情報があり、事前に長めの長靴を用意して出かけた。 地元の仕掛け猟をしている人に尋ねてみたが、行ったことはなさそうであった。その人によるとエビ対策でキジを放ってあるとのことであった。 そのせいかキジの飛び立つのは見かけたが、幸いにも蛇に出会うことはなかった。 結局、案内板もなかったこともあり城跡にはたどり着けなかった。


tesima 08.jpg
 この石垣は廃墟になった民家のものかもしれない



tesima 06.jpg
  ヨットのつけたポンツ−ンでの撮影風景

 丸亀から来た連絡船でシンガ−ソングライタ−の女性の生歌を聞く機会があった。島内のあちこちで撮影しているのを目にする。カン高いかすれたかよわい声が島内に響いた。

  手島  ヨット泊地



tesima 10.jpg
 手島 ヨット泊地  赤丸係留    青丸 最初の位置


tesima 03.jpg
 最初にもやった位置

 ヨットの停泊場所は先に想定していた場所はフェリ−の着く横であったが、スペ−スが短かったので不適。 写真のように防波堤へもやったがここも3m余りの潮汐には不適。そこで連絡船のキップを売っているおばあちゃんに許可をもらい、ポンツ−ンの反対側に移動して着けた。


         2021-11-23

posted by はやめ at 10:40| Comment(0) | 日記

2021年11月21日

2021年 秋クル−ズ


 2021 cruse.jpg 

 

  今年の巡航は10月28日から児島を出て11月17日に帰港するまで3週間の期間で、瀬戸内中部を楽しんできました。 今度は連れ合いは同行することなく、シングルハンドです。

  周航前のプラン

1. 塩飽諸島の手島、佐柳島、高見島を訪ねて、小名政の跡がないのか、また、龍馬の「いろは丸」が鞆の浦近くで沈没した、その時の当直仕官であり海援隊士でもあった佐柳高次(さなぎたかじ)の生まれた島の佐柳島を訪ねること。
2. 伊予と長浜に寄港して歴史的保存の街並みがある内子町と卯之町を、そこから鉄道で訪ねること。
3. 村上海賊のひとつ来島海賊の本拠地にある来島城、因島村上氏の本拠地青陰城とその主要な周辺城を訪ねること。
4. 斉島、青島、中島、津和地島、平郡島、柱島などを訪ねること。

 今までに瀬戸内周航で行けば良かったと思いを残して、落穂拾いのような企画をしてみました。


  実行した航海

10/28  児島から手島へ、   手島城を探す。  手島泊
10/29  手島から小手島を2時間立ち寄り佐柳島へ、長崎港が狭く停泊できずに高見島寄港、2時間ほど散策して多度津港へ。     多度津泊
10/30  連絡船にて佐柳島訪問、   多度津泊
10/31  多度津から仁尾マリ−ナへ。 仁尾泊
11/1  仁尾から今治へ。  今治泊
11/2  連絡船で来島へ、来島城訪問。さらに小島へ、芸予要塞を訪れる。  今治泊
11/3  今治から松山堀江へ。 堀江泊
11/4  花見山城と宅並城をたずねる。葛龍屑城は断念した。 堀江泊
11/5  堀江から伊予港へ。 伊予泊
11/6  JR予讃線で内子町と卯之町へ。 2つの歴史的保存街並みを見る。 伊予泊
11/7  伊予から上関へ。 北東風で時化る。  上関泊
11/8  上関から五日市メ−プルマリ−ナへ。 メープル泊
11/9  なつかしの旧港廿日市を訪ねる。  メ−プル伯
11/10  メ−プルから下蒲刈島へ。 三番瀬の町を見学と丸谷城を見る。 下蒲刈泊
11/11  下蒲刈から三原へ。 三原泊
11/12  新高山城へ、 高山城は断念した。  三原泊
11/13  三原から弓削へ。  青陰城を見学  弓削泊
11/14  尾道へ因島からバスで行く。 連絡船で百島へ。 備後茶臼山城へ。 尾道に帰ってレンタサイクルで向島の余崎城と岡島城へ    弓削泊
11/15  因島からバスで瀬戸田へ。 俵崎城と茶臼山城を訪れる。 因島・馬神城を訪ねた。  弓削泊
11/16  弓削泊
11/17  弓削から児島へ。 秋巡行を終える。

 伊予まで来て天候が悪化の予報が出る。 長浜へ行く予定を取りやめて。内子町と卯之町の見学を1日にまとめた。
 予報よりも早く天候が悪くなり北東風が強い中で上関へ向かう。ヨットを老年にして手に入れて以来の久しぶりの時化であった。

 面白いことに、海で遭難することも無く山で遭難しかけた。 生口島の村上水軍ゆかりの茶臼山城で頂上近くへ行く道が無くなっていたので、一番高いところをめざしてそこには到達した。 帰りは道に迷い来た道に帰れず、遭難しかけた。 ひたすらに下へ向かう平坦な道を探し続けて、無事、事なきを得たが、暴走老人のご迷惑を世間にかけるところであった。 他にもヒヤリハットする場面は3度ほどあった。

 まあ、楽しく満足してクル−ズを終えた。今年の前半はコロナで大人しくせざる負えなかった。 ところで、小生の年になると、老人のロシアンル−レットはいつ来るか分からない、小生はその年ごろに突入した気がしています。


     2021-11-21


posted by はやめ at 13:39| Comment(0) | 日記

2021年09月22日

高市早苗、   自民党総裁選挙




takaiti 01.jpg

 20歳で投票権を得てから、後期高齢者目前になるまで一度も自民党に投票したことはありません。 最近は、誰も支持できなくて白票を入れたこともあります。 小生は総裁選には投票できないけれど、是非とも入れたい人が現れた。 それが高石早苗氏である。 彼女へ投票できるなら、党友にさえなりたい位である。

 彼女の本を読む。 政策の具体的なことが書かれているので小生には分からないことが多い。 けれど、他の候補が抽象性的で具体性のない口当たりの良い言葉に比べれば、彼女が取り上げる対象やその具体性など、小生にはそれらをやってほしいものばかりである。 また。実際にやってきたこともこの本で述べている。

 最近の日本で最も喫緊の対策は何であろうか? これに答えて政策に挙げてくれる政党は無い。 それは夫婦の姓の問題、LGBTの問題、同性婚の問題、環境問題、原発問題では無い。 ワクチンで終息の問題が見えてきたコロナ問題でも、もはや無いでしょう。

 それは「チャイナリスク」である。 最近には、中国の不動産会社に取り付け騒ぎがおきている。すぐにも兆円を大きく超える債務で破綻しそうである。リーマンショックを数十倍にしたものが起きるのではと懸念されています。 それは経済的には大問題で被害の大きさも想定されますが、それよりも、もっと大きいことは台湾問題でしょう。 台湾で負けるようなら沖縄・九州と人命・国土の問題となります。このことを述べているのは高市さんのみ。 国防予算の増額、中距離ミサイルの配備を取り上げています。やっと大事な問題を取り上げてくれる政治家の出現です。


 テレビに向かってそうじゃないだろう、GDPの2%に防衛予算を上げろ、中距離ミサイルを持ち配備しろ、と画面にほざいていたのが、そのことを現実に述べてくれる人が現れました。NATOのような核を持てとまでは言ってはくれませんけれど。 中国に対して冒険をさせないための抑止力を持つのは、今最も必要とされているものと小生は考えています。

 先の米大統領選挙で見られたトランプに対する主要メデイアやSNSの偏向報道が、 アレっ! 日本でも同じではないかと思われることがある。 記者クラブでの候補者の会見をテレビでその後半部分を見ました。 河野・岸田さんばかりに回答を求めて、他の女性には発言を求めない、それが20分ほど続いたので、おかしいと見るに見かねてテレビを切ってしまった。 「高石外し」が始まっているのか? 支持率の発表も意図的な数字を出しているのではないか?と疑っています。 これからも十分にメデイアを監視していく必要がありそうです。


 小生は若いころに船乗りをしていて、イライラ戦争の時にペルシャ湾を航行しました。 その時には日本船が攻撃をされて死者が出ています。 乗船している船体に日の丸を描かされて、それが唯一の安全護符でした。日本国民の人命と財産を守るのは建前だけで、絵空事の時代であった。 最近は、アフガニスタンで1人しか帰国させられなかったけれど、3機の自衛隊輸送機が現地に向かったのとは大きな違いであった。今では当時の状況が起きたのなら自衛艦が船団を組んで商船を守ってくれることが期待できるのでしょうか。 高市さんならできそうな気がします。

 これからの進捗を大いに見ていこうと思う。


      2021-9-20


 
posted by はやめ at 02:35| Comment(0) | 日記

2021年09月17日

イベルメクチン  キタ−!

   


iberumeku 03.jpg
 インドから書留で届く


iberumeku 02.jpg
  錠剤


 スペインのマジョルカ島にヨットを置いていた時代、今ではそんなことがあったのかとさえ思われるまだ若くて昔の時代。 そこへ向かうべき時に旧ソビエトでチェルノブイリ原子炉事故があった。安い航空券でしたのでモスクワ経由パリ行きのアエロフロ−ト便です。 事故現場近くの上空を飛んでいくことになるので心配して、その放射能を防ぐためヨウ素入りの薬を買ったことを今回のことで思い出した。 そのことが役立ったかどうかは分からない。シロ−トの危機対応であった。はたして今度はどうでしょうか?

  昨日にインドより国際郵便書留でイベルメクチンが届きました。 果たして入院までの緊急薬となるのでしょうか? 

小生は後期高齢者目前の年代です。 コロナに悪影響を及ぼす持病持ちであるので、感染すれば重症になる確率は極めて高いという現状。 ワクチンは7月初めに2回のモデルナを接種済み、それでも5%位の確率で感染は起きるということで安心してはいられない自分です。



 一番怖いのは陽性になっても現状では保険所の判断で医者にも見てもらえずに自宅療養・放置にされるのではないかということです。 入院になれば抗体カクテル療法という効果が期待される処置が受けられるでしょう、その他の承認された薬もあるようです。 何も症状が無いにもかかわらず2-3時間で急変して亡くなった事例も最近の報道でありました。 PCR検査自体が3割程度の疑陽性がある不完全な検査ゆえに、陽性になってもいっさいの症状がでないのは当たり前のこと。 その人たちも含めた数で、統計的に陽性者の発症が軽く見られているのではないかと思われます。 ここでも述べた「和歌山モデル」では陽性者すべてをいったん入院させ症状を経過観察して処置する方法があるのに例外とされて全国には普及されていません。



和歌山モデル

https://hayame.net/custom10.html#spb-bookmark-758



 このような現状を考えて、あえてイベルメクチンを購入しました。 それは駆虫薬としては承認された薬でそれの安全は保障されていますが、コロナの薬としては承認されたものではありません。 現在欧米で1万人程度の所見が実施されていますが、年内にはその結果がでるでしょう。 もし良くても日本では薬の承認には1−3年程度かかる見込みです。その頃にはオロナは終わってるのではないでしょうか? 緊急使用の制度もまだ、確実な法制度もないようです。 政治の果断な責任を持った処置をとれないのが菅首相の退陣の原因のひとつでしょう。



 これは自己責任のあくまで個人的な処置ですので、ひろくオススメするものではありません。 参考意見のひとつとして、また、考えの及ばない・アセリのある老人の独断として受け止めてください。

 あくまで、これは入院待ちの段階で使用することを考えております。



  問題点

偽薬としての可能性あり、 インドの正式承認薬かどうか?
処方に確答がない。 何錠を何回、どの時間でのんだらいいのか不明である
振り込んだ先が詐欺であるかもしれない、 ネットが信用できるとは限らない。先に購入したパルスオキシオメ−タ−は中国製で最初から機能しなかった例があり。




以下 よく読まれて自分の考えをまとめる参考にしてください。 正しいとは限りません。



大注目の「イベルメクチン」効果はどれほどなのか

「家畜の寄生虫退治薬」に希望者が殺到している

https://toyokeizai.net/articles/-/452679?utm_source=morning-mail&utm_medium=email&utm_campaign=2021-09-04&mkt_tok=OTA3LUpLVC0yNTEAAAF_TJXtOIUXBCis-ENbUs3U8vQxALLmy8MqUirgbW5JcJxgpfCj7rPYPgG3CvIaqbNXArUl8NhICa9tEQBjSMmCQBtMd84cJgCWa40giortNfQc 



イベルメクチンに超期待する人が知らない真実

コロナ治療薬?「過熱報道と臨床現場の温度差」

https://toyokeizai.net/articles/-/416242 



海外の反応 感動!!日本発の薬のおかげか!?モディ首相大喜び!!インドでデルタ株が収束して海外が大騒ぎ!!世界の外国人もビックリ仰天!!

https://www.youtube.com/watch?v=yvMFDiEcKcg 



【新型コロナ】治療に「既存薬の緊急使用を」立民が衆院に法案提出

https://nordot.app/775155340299419648 



【薬剤師がお伝え】【なぜコロナに?】イベルメクチン ・モナシュ大・ユタ大の報告を読み解く

https://www.youtube.com/watch?v=bb80CxfcGmA 



【日本初特効薬?イベルメクチン 実用化を阻む3つの壁】報道1930まとめ21/3/10放送

https://www.youtube.com/watch?v=FH3Ixebgs1A 



2021.05.29【ワクチン】パンデミックの責任は誰にファウチの嘘と中共の嘘「ワクチンよりイベルメクチンが安全!」トランプ言及直後何故か禁止に

https://www.youtube.com/watch?v=GiNM0hH0E0Q 



最新情報】コロナにはイベルメクチンが有効? 副作用はある? 日本での承認はどうなる

https://www.youtube.com/watch?v=AzcmLTsusN0 



【国産ワクチン・治療薬で備えるコロナ長期戦“周回遅れ”脱却は】

https://www.youtube.com/watch?v=dnxpOVTSIvM 





       2021-9-17

posted by はやめ at 09:48| Comment(0) | 日記

2021年09月02日

コロナ 和歌山モデル


 緊急事態宣言が出ている状況では クル−ジングには行けない。 自分にとっては必須の大事なものであっても、それを不要不急のものと言われるのは受け入れざる負えない。


wakayama 01.jpg
  仁坂 和歌山県知事



  コロナ対策で和歌山モデルが存在するのを, このデルタ株による爆発的な陽性者が広がっている最近になって知った。 なんでも皆と揃えたがる他府県の中で、唯一,皆と違った方針で臨んでいるのが和歌山だ。 日本に地方自治があって良かったという珍しい例ではないかと小生に思われる。 

 現在のコロナの状況は初めての緊急事態の状況と言える出現である。 今までは、自分の立場を都合よくするためなのか、オオカミ少年のように緊急事態を吠えていたが、今がその時であろう。 その声を聞き飽きてきた庶民は現に非常事態を迎えても従う気持ちが失せている。

 自宅療養(放置)の人数がここ1か月で6倍になったという。 放置されて保険所に連絡すれどもつながらず、救急車に幸い乗れたとしても入院先が決まらずに降ろされるという人がいる。 パニックている保険所の人が、個人の命の選択のトリア−ジを行っているのが現状である。担当した職員の力量と時の運により我が命が決まる。 陽性者となり医師の診療で処遇が決まるわけではない。 このような状況を医療崩壊・非常事態というのであろう。

 和歌山県では陽性者はすべて入院措置をとっている。 そこで経過を見て良好なら家庭療養に送り込む。 家庭療養が他のように診療の入り口ではない。 症状の急変がこの病気の恐ろしいところであるが、この和歌山県の入院処置により人知れず自宅で死亡する心配はなくなる。 入院して早期の治療が行われるので、従い重傷者は少なくなる。 庶民には急変が一番の心配である。PCR検査は陽性者の周辺に徹底的に行われる。 ワクチンしか解決策はないのだけれど、和歌山県はトップの接種率を誇る。


 下記に知事の会見の動画を聞いてみてください。 全員入院ゆえの詳細なデ−タによる対策が述べられています。 狭いゆえの専門家の判断によらず、現実的なコロナ対策になっています。


和歌山県における新型コロナウイルス感染症発生状況 | 和歌山県 (wakayama.lg.jp)  20分まで知事会見
https://www.pref.wakayama.lg.jp/bcms/nettv/p_ch4/ch4_movie/01_r3nendo/20210829.html 8/25

「国にさからう 和歌山モデル」  青山繫晴チャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=X_L-sa6_mOo    43分


     2021-9-2


posted by はやめ at 09:48| Comment(0) | 日記

本当のコロナ報道



 初めて今までにすっかり信頼感を失っているマスコミが武漢風邪について報道してくれました。 東洋経済はコロナの統計を発表してくれてもいます。

 東洋経済 解説部 コラムニスト  大崎明子氏による記事より 転載です。


  新型コロナ医療崩壊の原因は開業医の不作為だ
      国民に活動制限を強いるのはムダ弾で筋違い

   2021-8-27

 今年2月に新型コロナは法的に「新型インフルエンザ等感染症」として位置づけられ、感染症対策としては、国民の私権を最大限に制限できるようになった。ところが、新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長や知事たちはもっと制限できるよう法改正せよという。全体主義国家を目指せというのか。

学校の学校の夏休みを延長せよという尾身氏の発言が注目されているが、たびたびの対面授業の削減は、将来を担う子どもたちの教育に禍根を残しうる。新型コロナのまん延防止の観点だけでは決められないことで違和感がある。このような事態を招いているのは、政府が決断力を持たずに、分科会に頼っているためだ。「政府が対策案を分科会に諮る、という状態は完全に役割が転倒している。野党も国会で尾身さんに答えさせるのがおかしい。官邸がまったく機能しなくなっている」とピクテの市川氏は指摘する。【2021年8月27日10時20分追記】尾身会長の発言部分に不正確な部分がありましたので、修正しました。

本来、分科会はあくまでも感染症の専門家として政府に意見を具申する立場だ。新型コロナに対してどういう戦略を取るのかについては、感染症の専門家の意見のほかにも社会的、経済的、政治的なさまざまな観点の情報・意見からも総合的に考えて、政府、つまりは菅首相が最終的に決断すべきものだ。

医療のための国民ではなく、国民のための医療を
政府は新型コロナから逃げている医療従事者にもっと強い権限を行使するべきだ。医療関係者に医療の提供を要請する法律の条文としては、改正感染症法16条の2の他に、新型インフルエンザ等対策特別措置法31条もある。 この法律ではコロナ診療を、直接に法的拘束力を持って医療者に強制することができる。その不服従には行政処分を行うという運用もありうる。ちなみに、特措法の改正で今年2月には飲食・宿泊業者などを念頭に事業者が従わない場合の過料を定めた。

一般の守られていない事業者を対象に、十分な補償もせずに素早く過料の規定を導入しておいて、なぜ、公的制度で守られている医師に強制力を働かせようとしないのか。特措法31条を抜かずの宝刀にしておかずに、その運用も検討するべきだ。「既得権益を打ち破る」と就任時に語った菅首相の政治力が問われる。

季節性インフルエンザが流行すると国内で1年間に1000万〜1500万人が罹患し、約1万人が亡くなる(注)。ワクチンや治療薬にも限界があるからだが、ほかの病気と同様に外来診療を行っている。新型コロナもワクチンや重症化を防ぐ薬も揃いつつあるし、医療現場には換気や防護服など感染制御をしながら治療にあたって回復を促すノウハウが、積み上がってきている。つまり、インフルエンザ並みに診療できる条件が揃いつつある。

(注)インフルエンザの死者は2018に3325人、2019年に3575人なので新型コロナよりも大幅に少ないというコメントがまま見られるがこれはデータの背景を無視した誤りだ。新型コロナは陽性者の全部報告が義務づけられ、2020年6月18日以降は厚労省の事務連絡で検査陽性者の死はすべて新型コロナによる死と報告してよいことになり、過剰計上となっている。だが、インフルエンザの場合は患者が進んで診療を受け、かつ、ほかの疾患を抱えていた場合には医師による検死で確定されたものに限られる。国立感染症研究所では超過死亡概念でインフルエンザの死者年間約1万人と推計している。
移動制限でも感染抑止はできず、経済を潰す
他方、こうした広まりやすいウイルスを人の移動制限で抑え込むのは困難だ。人の移動と感染拡大との連動性が失われていることもデータで確認できる。


Flourish logoA Flourish chart
人の移動制限は効果が薄いのに対して経済に及ぼす打撃が大きく、極めて非効率なのだ。諸外国のロックダウンも変異株がはやるたびに繰り返す羽目に陥っている。(参考記事「根拠なき緊急事態宣言はもはや人災でしかない」「日本とコロナ、改革すべきは医療制度と財政政策」)。

感染症対策に携わる医師は、「個々人が半径2メートル以内の感染対策、すなわちマスク着用によって飛沫を浴びない、こまめな手洗い、換気をきっちり行うことの効果はとても高い。本来はそれさえできれば、人の移動を制限することは必要ない」と話す。

さらに、「子どもの感染が問題になっているが、10代以下の子どもは新型コロナで1人も死んでいない。しかし、季節性のインフルエンザでは乳幼児や10代以下の子どもたちが死ぬ。2019年にも65人が亡くなっている。子どもにとっては明らかに季節性インフルエンザのほうが怖い」という。

新型コロナの被害状況、人口比で見た感染者数、重症者数、死者数がかねて欧米よりも大幅に少ないのは周知のとおりだ。これは今も変わらない。一方、日本の人口当たり病床数はOECD(経済協力開発機構)諸国中で最多、医師数はやや少ないがアメリカとほぼ同程度だ。病床の総数は130万床、医師数は32万人である。(参考記事「起こるはずのない「医療崩壊」日本で起きる真因」「コロナ「医療逼迫」に「国民が我慢せよ」は筋違い」)

ところが、足元で入院加療を要する患者が21万人、重症者は2000人にも満たない状況で、医療崩壊が起きるのは、新型コロナに対応できる病床数が少なく、診療に携わる医師が極端に少ないからだ。8月18日時点の報告で、新型コロナ向けにすぐに対応できる病床数として確保されているのは3万6314床、重症者用では5176床にすぎず、宿泊療養施設が3万8577室だ。日本の特徴は病院の81%が民間であり、また病床を持たない診療所も新型コロナ診療に携わっていないところが多い。

対してEU(欧州連合)諸国では公的病院が66%である。そのうえで、すでに昨年から欧米先進国では新型コロナ患者の多くは自宅で療養し、外来診療・往診で治療を受け、悪化・重症化の兆しが出たら入院する形だ。日本で自宅療養が問題なのは、医師が診療せず不安なまま放置され、悪化したときには手遅れという状態になるからだ。多くが軽症で治るのだから外来診療や往診ができれば、状態に応じて入院やICUでの措置が決められるので対応がスムーズになる。

開業医と勤務医の格差、歪んだ資源配分
日本の医療提供体制が特異なのには理由がある。戦後、地域医療を再建するため、開業医は優遇税制、診療報酬制度で保護された。そうした中で、日本医師会は資金力をつけ、その推挙する候補が議員になるといった形で、国政から市町村に至るまでの大きな政治的影響力を持つに至った。

他方、多くが救急医療を担う日本の公立病院の勤務体系は過酷で、これは今に始まったことではない。新型コロナの流行以前から問題視されていた。働き方改革で一般労働者の時間外労働は年間360時間まで、例外的な場合の上限が720時間となったが、大病院の救急救命医や研修医などは時間外労働の上限が年間1860時間で、これ自体が過労死レベルだ。実際にはこれを超えて働き、過労死や過労自殺に至るケースもある。

このような状況なので、資金のある人は自分の勤務を自由に管理できる開業医を選び、その結果、開業医の数は余剰になり、ムダな検査、ムダな投薬で収益を確保し、経営を成り立たせようとする。日本の社会保障費の膨張の大きな要因の1つともなり、悪循環が続いている。

医療行政や政治にも詳しいピクテ投信投資顧問のエコノミスト、市川眞一シニア・フェローは「価格体系が間違っているので資源配分がゆがんでいる。地域の開業医が守られるように公定価格を付けてしまっているがゆえに、基幹病院の数が足りなくなり、新型コロナの医療逼迫・崩壊という事態にもつながっている。過酷な勤務をしている医師の賃金が上がらないのに、医療費のムダ遣いは増えている」と指摘する。

ついでに言えば、診療報酬制度の引き下げには日本医師会が抵抗するため、薬価引き下げで帳尻を合わせることが多い。製薬会社が新薬を開発してもすぐにあまり儲からなくなるため、ワクチンや新薬を開発するインセンティブを下げてしまっているという実態もある。

日本医師会は医師たちを代表する位置づけとして、政府に対応しているが、実際には任意団体で32万人の医師のうち会員は17万人だ。うち開業医8万3000人、残りは勤務医や研修医だが、勤務医は医師会に入っていても忙しく医師会の活動などできないので、成功した開業医の利権団体になっている。つまりは新型コロナについては何の苦労もしていない医師たちを代弁する組織である。

内部事情に詳しい医師は「東京都医師会の尾崎治夫会長は『医師会は任意加入団体だから会員に強制なんてできない。皆の意見を伝えるだけの団体だ』と言っている。それなら、医師の代表として政府との交渉の窓口になっているのはおかしいではないか」と憤る。

国難で動かない医師を公定価格で守り続けるのか
メディアの多くは新型コロナと闘う公立病院の医師・看護師たちの姿を取材して、これと対比して「国民の危機意識が低い」といった報道姿勢だ。こうした対立構造を演出しているのが、記者の取材に対し「国民の気の緩み」といった発言を繰り返す日本医師会の中川俊男会長をはじめとする幹部や政府の対策分科会の医師たちである点には注意が必要だ。

その一方で、医師会や分科会はこの1年半、医療体制の拡充に本気で取り組まず、政府や自治体の「お願い」に対し追加手当ばかり要求してきた。民間病院や開業医の診療への参加は心あるごく一部の医師による自主的なものにとどまっている。民間経営とはいっても、公的インフラとして診療報酬で守られているのだから、パンデミック危機という国難で動かないのなら、今後も見据えて診療報酬制度の抜本的な見直しを行うべきだ。

大手メディアは専門家、専門家と持ち上げるが、「民間で診るのは無理」とできない理由をあげつらう人々が真のプロフェッショナルといえるのだろうか。また、いつまでこの逃げ口上を続けるつもりだろうか。どんな業界でもプロであればできるようにさまざまな連携や協力、工夫をこらして解決に努力するものだ。実際にそうしている医師も少ないが存在する。

今年2月に新型コロナは法的に「新型インフルエンザ等感染症」として位置づけられ、感染症対策としては、国民の私権を最大限に制限できるようになった。ところが、新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長や知事たちはもっと制限できるよう法改正せよという。全体主義国家を目指せというのか。

学校の学校の夏休みを延長せよという尾身氏の発言が注目されているが、たびたびの対面授業の削減は、将来を担う子どもたちの教育に禍根を残しうる。新型コロナのまん延防止の観点だけでは決められないことで違和感がある。このような事態を招いているのは、政府が決断力を持たずに、分科会に頼っているためだ。「政府が対策案を分科会に諮る、という状態は完全に役割が転倒している。野党も国会で尾身さんに答えさせるのがおかしい。官邸がまったく機能しなくなっている」とピクテの市川氏は指摘する。【2021年8月27日10時20分追記】尾身会長の発言部分に不正確な部分がありましたので、修正しました。

本来、分科会はあくまでも感染症の専門家として政府に意見を具申する立場だ。新型コロナに対してどういう戦略を取るのかについては、感染症の専門家の意見のほかにも社会的、経済的、政治的なさまざまな観点の情報・意見からも総合的に考えて、政府、つまりは菅首相が最終的に決断すべきものだ。

医療のための国民ではなく、国民のための医療を
政府は新型コロナから逃げている医療従事者にもっと強い権限を行使するべきだ。医療関係者に医療の提供を要請する法律の条文としては、改正感染症法16条の2の他に、新型インフルエンザ等対策特別措置法31条もある。 この法律ではコロナ診療を、直接に法的拘束力を持って医療者に強制することができる。その不服従には行政処分を行うという運用もありうる。ちなみに、特措法の改正で今年2月には飲食・宿泊業者などを念頭に事業者が従わない場合の過料を定めた。

一般の守られていない事業者を対象に、十分な補償もせずに素早く過料の規定を導入しておいて、なぜ、公的制度で守られている医師に強制力を働かせようとしないのか。特措法31条を抜かずの宝刀にしておかずに、その運用も検討するべきだ。「既得権益を打ち破る」と就任時に語った菅首相の政治力が問われる。


関連図表は下記の本文の記事にて
   第5波では感染者数の急増に対し死者数は抑えられている
     日本の新型コロナ検査陽性者数と死者数の推移
   感染と移動・ホームステイとは連動していない
    新規検査陽性者数と人の移動、住居(在宅)・駅の利用

     https://toyokeizai.net/articles/-/450974


                 2021-8-30



posted by はやめ at 02:32| Comment(0) | 日記

2021年06月01日

新型コロナが本当にこわくなくなる

 

          松田学、井上正康さんらによる



matuda 01.jpg
       方丈社刊





 自衛隊の広域と地元の申し込みサイトを何度も失敗してやっと地元サイトのワクチン予約ができました。 ヨット好きの小生は今年の春巡航の計画はまだすすんでいません。 緊急事態と蔓延防止の期間が6月半ばころまで3週間延長の動きです。  ワクチンを打つ打たないの議論がある中で、迷いながらも基礎疾患持ちの74歳としてはワクチンを打つことに決めました。 1000人に1-2人の感染で1000人ほどの死者の現況では、ワクチンの情報も偏りが見られるので、若い人にはじっくり様子見して最後の最後になってワクチン摂取を決めればよいと小生は考えています。 そのような訳で上記の本を読みました。
 テレビや新聞など日常的に接するマスコミは公正中立な報道には疑いがあります。ワクチンの是非を自分が判断する際にはYouTubeや書籍など違った意見にも目を通す必要があります。


matuda 03.jpg






 毎日毎日感染者数が発表されて一喜一憂していますが、感染者数ではなくPCR陽性者数であるというのが真実です。 PCR検査の陽性は感染そのものを示すものではない。感染力のあるウイルスが検出されるのはPCR検査のCt値と呼ばれるサイクル数は20までとなっている。 (Ct値とは       )サイクル数の運用は20のニュ−ジ−ランド、30-35の台湾やスエ−デンです。40-45で運用しているのが英国、フランス、日本である。 35サイクル以上では感染力のないカケラばかりと云われる。 低いサイクルで運用している国が感染の抑え込みに成功している。
 PCR検査を感染症の診断に用いてはならない。この検査で見つけられた遺伝子のカケラ(陽性)はそれが感染力をもつウイルスのものであるかどうかは不明である。また、感染したからといって必ずしも発症するものではない。 無症状の人にはPCR検査を実施する必要はなく、症状が出たときにCT検査を行い肺炎の症状の時にPCR検査をすれば混乱がなくなる。

 日本は早い時期に集団免疫を獲得していた。 この時期になっても政府のコロナ対策を満足にしていないという世論調査が7割にも及ぶ。 昨年の春節前に中国からの入国者を止めればよいのに、入れてしまった。日本は運のよい国で先の原発事故の際にも幸運に恵まれたという。入国制限をしなかったゆえに新型の弱毒ウイルスに感染して、本来日本人が持っていた土着のコロナウイルスの免疫的基盤に加えてコロナ免疫力が強化された幸運になる。 その後入国してきた変異型強毒株に対処することができた。  まだファクタ−Xという欧米に比べて日本人が2ケタも被害が少ないことは研究中であるけれど。

 人類が初めて試す遺伝子ワクチンをこれから接種しようとしています。 英国やイスラエルのワクチン接種率の高いところでは劇的に患者数が抑えられていることは事実です。 日本でもこのままの接種率でいけばサザ波が凪になると云われています。 今後の事態は、人流の抑えや三蜜を避けること飲み屋の営業自粛が効果を上げることではなく、ワクチン次第であるといえましょう。

 しかし問題は今問題とされているアナフィラキシーショックや血栓の問題ではなくADE(抗体依存性感染増強)のリスクである。 ADEとは突然変異が激しいRNAウイルスの場合は、抗体と結合した変異ウイルスが白血球に取り込まれても分解されず、逆にウイルスが異常増殖してサイトカインスト−ムで、一気に重症化することです。新型コロナウイルスもRNAウイルスであることからADEが起こるリスクがある。 これをパンデミックで慌てて実用化した。 日本のような圧倒的に死者や重傷者が少ない国ではあえてリスクを冒す必要はない。 
生命保険はワクチン事故は補償しない模様、その代わりとして政府が保証するといっていますが。

 今回のコロナ騒動は、感染力が約6倍強くなった季節性ウイルスにより風邪を、世にも恐ろしい伝染病のようにメデイアが思い込ませたことによって引き起こされました。

追補


 日本の生命保険会社は今回のワクチン事故に関しての補償対象外とするということをウイキペデイアですが見つけられませんでした。


ごとう整形外科のサイトでワクチン事故を保証しないのではと述べています。

  https://karyukai.jp/column/3804

https://karyukai.jp/column/3822


日本の生保は補償するようです。 

      

       2021-6-2




matuda 02.jpg





 松田学さんのYouTubeのチャンネルは松田さんと井上さんの動画が突然閉鎖された。その理由はAIによる検閲だったようだ。 松田さんが雑誌にプラットフォ−マ−が日本の言論を弾圧している。 それらのグロ−バルプラットフォ−マ−に対する国内法による規制の立法が必要であると松田さんの記事が雑誌に載った途端に、それゆえにAIより人によるチェックがなされたせいか、2か月余の閉鎖を解除されたと云う。 もうすでにAIで自由な言論を支配するデイストピアの世界に入りつつあるのか。

 政府の国内の緊急事態の適用云々を委員会にひっくり返されることがありました。 政府は決定を専門家に任せきっていた、又、医師会のポジショント−ク発言に振り回されている。 政府自身による政治判断がマスクを配ることなど笑止千万である。 政治が決断できない、責任を取りたくない。 後手後手に回りました。 政策決定がマスコミに誤誘導された庶民・老人による世論に惑わされる。  最近は高橋洋一さんによる事実による科学的判断を考えずに些末な表現を切り取り問題にするマスコミ。 松田さんによるとマスコミが作り上げた“コロナ脳”を捨てないと緊急事態から脱出ができない。

 MMPとは(マツダマナブプランの略)の詳細はこの本では書かれていませんが、日本の債務超過、過大な赤字国債を解消するプランであるらしい。 小生のような経済学の知識のないものには分からなさそうです。 行き詰まったかのように見える日本の財政経済運営にコペルニクス的転回でパラダイムシフトを起こす。 すばらしい形容詞がならんでいますが、小生には説明できません。 日銀保有国債を政府発行のデジタル円に順次変換してバランスシ−トを縮小させるプランだということのようです。

 新型コロナ・武漢風邪はスペイン風邪並みの強毒病原体ではなく感染力は強いが病原性は意外と低い季節性ウイルスであると分かってきた。これに対して国境封鎖、自粛,3密回避、8割減などがすべて無効であると世界的に証明された。 ウイルスに対して適度な暴露と軽度な感染をしながら、発症しても重症化しない免疫抵抗力を強化し続けることが大事である。

  小生が2人の著者の本をつたない要約をしたものですが、興味のある方はこの本をお読みください。


       2021-6-1
posted by はやめ at 03:14| Comment(0) | 日記

2021年05月28日

来島海峡の海難事故



 5月27日 2353 来島海峡西側で日本船籍・自動車専用船(11454トン)白虎号とマーシャル船籍・ケミカルタンカ−(2696トン)が衝突した。 3時間後に白虎は沈没した。日本人乗組員12名のうち3名が行方不明になっている。

 当時の潮流をしらべてみる。  潮流推算 海上保安庁ホームペ−ジ



  2021-05-28-2300
   潮流推算   (mlit.go.jp)  
kurusimaziko 02.gif





 来島海峡の航法で順中逆西の規定により神戸方面に向かう船舶は中水道を航行し下関方面へ向かう船舶は西水道航路を航行しなければならない。 報道では現況の詳細な記事はないので各船どのように航行していたかは不明です。
 1万トンの日本人の船長ならここの航法を間違えるはずはないので、西水道を航行していて衝突したものと思われる。 西水道は屈曲しているので少し見通しが悪い場所です。 相手船が外国人(韓国人)なら航法を間違えて西水道へ連れ潮で進入してくるのは大いにあることです。 日本船が相手船が中水道を航行するものとして急に右に舵を切って西水道に突っ込んできた場合には避けるチャンスが少ないものになる。 おまけに連れ潮で航行してきた相手船は舵効きが悪くなる傾向があります。


kurusimaziko 03.gif





 詳細な記事を待ちたいところです。

 数年ごとに事故がおきます。 いつも外国船がらみになります。 ここは外国船籍の総トン数1000トン以上の船舶には、強制水先区としてパイロットの乗船を強制する法律がが求められます。
  

    来島海峡  小生のブログより
 http://hayame.sblo.jp/article/177528669.html 

    貨物船沈没、船長ら3人が不明 現場は海上交通の難所
 貨物船沈没、船長ら3人が不明 現場は海上交通の難所 (msn.com)   朝日新聞


      2021-5-28


posted by はやめ at 17:56| Comment(0) | 日記

2021年02月19日

仁尾 その2

  




nio 00.jpg
 仁尾の銭湯とスーパ−他


  瀬戸内にいると仁尾マリ−ナは台風除けにもなり、なじみのあるところになります。 おまけに、いつも天候に恵まれずにそこへ3−4日の滞在になることが多かった。 ここで仁尾の町とマリ−ナは紹介しています。 2020年秋にもここを訪れましたので報告します。




nio2 01.jpg
 仁尾マリ−ナ ゲストバ−ス


 今回は加茂神社と父母ヶ浜へ行く。 最近に富に有名になった父母ヶ浜は海外でも注目され訪れる人が多いという。 有名な演奏家を招き浜にステ−ジを仮設して演奏会をやっていたが、あいにくその日は天気が悪く行われたのであろうか? この近くにコインランドリ−があり洗濯待ちの時間を利用して自転車で街を見学する。 加茂神社は由緒ある神社で境内に大きな連石がみられる。 近くの湊の入り口にあり通航に不便であった。 在住の資産家・塩田氏の援助によりこれを取り除きここへ奉納したものという。




nio2 03.jpg
 加茂神社




nio2 04.jpg
 本殿前の柱連石


 日の出日の入りの時期が美しいのであろうか、日中は遠浅の海岸がみられるのみである。 みかんの里として知られているのか、海岸道路沿いに直売店がある。



nio2 07.jpg
 父母ヶ浜



  日曜日に詫間へ行き、城探索を計画したが、バス停で時刻表を見ると休日は終日運休であった。 市のコミュニテイバスの運行であっても少数の便が欲しいですね。ご注意あれ。




   仁尾
  http://hayame.net/custom13.html#spb-bookmark-13 

   仁尾城、天神山城
  http://hayame.net/custom27.html#spb-bookmark-4 


    2021-2-19





posted by はやめ at 00:29| Comment(0) | 日記

2021年01月31日

早島陣屋・早島城・天城陣屋




    倉敷の陣屋・ 早島陣屋、早島城、天城陣屋  




hayasima 03.jpg
早島陣屋、早島城、天城陣屋の図





 晴耕雨読ならぬ晴航雨城である小生。 倉敷にヨットを係留している。そこでクル−ジング準備・整備中の雨天は城廻りとなる。 今回はJR瀬戸大橋線の早島駅で下車して早島城・早島陣屋・天城陣屋をカサさして歩いて来ました。 写真は雨のために鮮明を欠くものがあります。

 駅を降りて早島公園に向かう。 ところどころに昔の民家風の建物がある。 また、宇喜多堤の案内があった。 悪名高い宇喜多氏といえども堤をつくり、後に教科書にも載る児島干拓の最初の一歩となり領地経営には力を尽くした。





hayasima 04.jpg
 早島町の民家




hayasima 02.jpg
 児島と早島  昔は瀬戸をなし水路を船が通行して水運の要所であった。




hayasima 12.jpg
 赤い線は堤の位置




hayasima 11.jpg
 宇喜多堤石碑




 早島陣屋を探す。 そこは現在では小学校になっていて、横に案内板があるのみであった。 別名戸川陣屋と言い200年間治めたという。 あいにく休館日で戸川記念館を見ることができなかった。 戸川秀安は宇喜多直家の重臣で25000石を領した。国政を宇喜多秀家にまかされたが対立するようになり、家康預かりとなる。関ケ原で東軍に参じ功を挙げて庭瀬29200石を与えられる。その後断絶したが、家名存続を許されて幕府旗本として続く。






hayasima 01.jpg
 戸川記念館




hayasima 13.jpg
  早島陣屋 1709年築  わずかに残る堀と石橋




 その小学校の裏手奥に早島公園がある。 そこは城山ともいい早島城の跡地である。 遺構らしきものは見当たらなかった。その城主は武井将監といわれる。 備中高松城の前哨戦で高松城の北にある支城・冠山城の戦いで将監は加藤清正と一騎打ちで戦い死亡したという。秀吉はあっぱれと金子50両を与えたという。




hayasnozyo 01.jpg
 公園内の城らしい雰囲気の場所




 早島城の坂を下って今度は天城陣屋に向かう。 早島町は平成の大合併に加わらなかったので岡山で一番小さな町ゆえか趣のある民家が散見される。





hayasima 20.jpg
 早島から天城へ向かう途中の民家1




hayasima 21.jpg
 早島から天城へ向かう途中の民家2




  笹無山の案内板を見かけた。 源平合戦には詳しくないが、ここらあたりで藤戸合戦があったという。当時にはこの向こうは海で瀬戸を挟んで源平が対陣していた。源氏は海が不得手なので対岸の種松へ行くのに難儀する。佐々木盛綱は地元の漁師に浅瀬を聞き、先導させて馬で海を渡り源氏の勝利に貢献した。佐々木盛綱はその浦人を殺してしまう。残された母親は笹と聞けば憎いと言い、笹を抜き取った、それからこの地では笹無になったと云う。






hayasima 23.jpg
 笹無山




hayasima 22.jpg
笹無山   藤戸合戦説明板




 なかなか天城陣屋を見つけられなかったが、高校の隣山にあるグランドであると分かった この陣屋は―国一城の制で岡山藩の下津井城が廃城になり、池田由之はこの地にお茶屋と称して陣屋を立てた。
 池田由之(1577-1618)は池田恒興の嫡男元助の嫡男として誕生。小牧長久手戦いで父・祖父ともに戦死。幼児であったので叔父の池田輝政が家督を継ぐ。長じて32000石で下津井城番になる。本家の国替えとともに播磨・鳥取・岡山とその居を変えた。最後は恨みに寄り大小姓に殺害された。






hayasima 24.jpg
 天城陣屋跡  現在は天城高校グランド


 駅を降りてJR3駅ほど雨天を歩いたことになる、途中にタクシ−やバスを探すが見つからず。さすがに疲れて帰りはGoogl mapでバス停をみつけて帰る。




      2021-1-31

posted by はやめ at 04:31| Comment(0) | 日記

2021年01月24日

魚島

  



uosima 11.jpg



 備讃瀬戸を東西に航行していた時に、島にビルが建っているのを見かけたので、気になっていた。 今回新居浜より弓削に行く機会があったので、立ち寄りしてみる。
魚島は愛媛県上島町に属し瀬戸内の真ん中にある島であるが、交通は本土方面の因島と弓削島より町立の連絡船があり、 愛媛県・弓削島には上島町の役場がある。



uosima 04.jpg
   魚島   南方より眺める



uosima 05.jpg
 魚島港入り口風景  離島にしてはビルが目立つ


 港内に入って少しウネリがあるようなので、予定していたところより奥へ行った。 漁具の手入れをしていた老人に尋ねて、その人の勧めでポンツ−ンに係留しようと1本のもやいを取った後でスグに、これの持ち主と思われる漁師さんから怒られてしまう。 しかし、好意により明日までの係留は認めてくれた。 無断で自身の所有のポンツ−ンにヨットを係留されれば怒るのはもっともである。 一応、地元の漁師さんに聞いたつもりであったのだが。 
シングルハンドであるとヨットの着岸は一発できめたいものである。 いつまでたっても着岸に習塾しない小生にも問題ではあるが、ロープを舵にからめてしまった。 11月の海中に潜ってはずす羽目になった、思ったより水温は温かかったけれど。



uosima 12.jpg
 青丸 予定係留地   赤丸 実際の係留地




uosima 01.jpg
 港内 


 洋上から目にしたとビル群は離島振興法で出来た建物であった。観光センタ−や住宅に使われていた。



uosima 02.jpg
 赤丸 係留場所   養殖業者のポンツ−ンに係留させてもらいました



uosima 03.jpg
 青丸 予定していたの係留場所  小さいウネリが入っていた


 最初にイヤな思いをすると後にひきずるもので、この島の印象は個人的に良いものではなくなった。 あとの時間も有効に活用することもなく終わってしまう。残念である。機会があれば気を取り直して訪ねてみたいものだ。


   2021-1-24






posted by はやめ at 05:20| Comment(0) | 日記

2021年01月22日

川之江城

   



kawanoe 08.jpg
 川之江 地理的位置




 ヨットから見たお城で今までに印象的であったのは40年ほど前に見た松前城そして最近の平戸城それに今回の川之江城である。これからもヨットで訪ねる城廻は続けたいものです。





kawanoe 02.jpg
 川之江城





kawanoe 01.jpg
 模擬天守  過去を復元されたもののではない 犬山城をモデルにしたとか



 個人的に南北朝の戦いには余り興味が薄いのでその歴史には詳しくない。 河野氏方の伊予の豪族で川野通政がこの城を築かせたものという。 川之江の地理的位置が土佐、讃岐、伊予を結びおまけに海で備中ともつながっていた。 従い、いろんな勢力から攻撃を受け落城している。戦国期には河野氏、三好氏、長曾我部氏、小早川氏、福島氏、池田氏、小川氏とめまぐるしく城主は変わり、1600年の関ケ原の戦いの後で加藤喜明により織豊系城郭と改築された。一国一城の令により喜明が伊予松山城に居城を移し廃城になった。






kawanoe 06.jpg
  城門  歴史的にどうであったかは不明




kawanoe 05.jpg
 本丸より川之江港を望む  小さく愛艇が見える




    2021-1-22



posted by はやめ at 08:02| Comment(0) | 日記

2021年01月20日

ヨット泊地選びの成功と失敗

  
 現在のヨットクル−ジングには、スマホを使ってNew pec smartで航海支援、Windyで気象支援、さらにGoogl mapの航空図で泊地選びをされていることでしょう。  クル−ジングで成否を決めるのは泊地選びにつきます。 オールドセ−ラ−なので、かっては小型船用簡易港湾案内のみしかヨットの泊地選びには選択肢がなかった。 今では、スマホ1個で航海できるようになりました。

 今回の秋巡航でのヨット泊地選びの成功と失敗をここに述べます。 係留地の選択にはスマホ以上に大きなものがあります。 それはそこに行ったことのある経験者から情報を得ることです。これがあれば事前のスマホによる泊地確認することで事足ります。 今度の中部瀬戸内の巡航での川之江の泊地と新居浜大島での泊地選びの成功と失敗を述べます。

 余談になります、小豆島(香川))から上関(山口)までのヨットの航路選びのことですが。 来島海峡を通るつもりなら、小豆島−仁尾マリ−ナ―今治−上関になるか、小豆島−弓削海の駅−大三島海の駅−上関の2つの航路になるかと思われます。 他に弓削−鼻繰りの瀬戸−御手洗−上関もあります。



hakuti 20.jpg
  中部瀬戸内実用ヨット航路



 上記の標準的航路から外れるせいなのか、新居浜マリ−ナはともかく川之江や新居浜大島の泊地情報はなかなか手に入るものではありません。そこでスマホの衛星写真から川之江と新居浜大島の泊地を選びました。



 1.川之江泊地  失敗例

 西風の強風が2−3日続いていたので、川之江の奥地のふ頭(赤矢印)を選びました。そこに行ってみると下記写真のごとく潮の加減のせいか岸壁の背が高くビットも少なく「もやい」をとるためにとてもシングルハンドでは岸壁に上がることはできなかった。



hakuti 09.jpg
 赤矢印は最初に選定地   青矢印は実際の泊地




hakuti 03.JPG
 赤矢印の予定岸壁   3-4mの潮汐がある






hakuti 04.JPG
 赤矢印の予定岸壁地  反対側から見る




 そこで急遽新港の漁港桟橋に向かう。地図の青矢印地点は黒ゴム製のフェンダ−を兼ねたものが桟橋に4−5か所あったので、その一つにもやいを持って岸壁に上がり、無事係留することができた。 ここは漁獲物を上げるために出来たものであるが、水産物加工業者が参入しなかったので、空きのある岸壁になっている。地元の漁船は反対側の5つほどあるポンツ−ンにとめている。出口近くにあるポンツ−ンにはヨットを着けられそうな気配があったが、確かめていない。 潮の高低があるのでそこのポンツ−ンががベストのような気がしています。

 



hakuti 05.JPG
 青矢印の着岸桟橋




 2.  新居浜大島  成功例



hakuti 08.jpg



 新居浜大島は上図の新港に着岸した。 旧港は航空写真を見て適当なスペ−スを見いだせなかった。実際に現地で見ても予想どうりであった。
ここは強風が予想されるときには近くの新居浜マリ−ナを利用することになりそうです。




hakuti 01.jpg
 ゴム製はしごフェンダ−のある位置にヨットをつけた。





hakuti 02.jpg
 旧港  フェリ―桟橋がある



   ヨットマンのための海の駅と泊地
    http://hayame.net/custom11.html#spb-bookmark-41 


    2021-1-20



タグ:ヨット泊地
posted by はやめ at 08:53| Comment(0) | 日記